ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【キャラビズム】活をいれる、スポーツではなぜ許されない?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの86歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』や『知らないと恥かく世界のマナー』(電子書籍)などの著書がある。日本在住40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム=Calabuisme」。さて、あなたはどう受け止めるか?

 * * *
●A la Télé,les gifles sont courantes,pourquoi donc les interdire dans le domaine des sports?c’est bien contradictoire!
TVでは“活”をいれるという意味で“平手打ち”が許されるが、スポーツの世界ではなぜ許されないでしょうか? 矛盾!

●Presque tout les jours sur les panneaux d’affichage électroniques l’annonce d’un accident dû à un suicide…c’est pénible!
ほとんど毎日、駅の電子掲示板に人身事故が流れる、辛い!

●Le jour ou la censure sera imposée,il n’y aura plus de liberté!
検閲が強制された日は、自由がなくなる日です!

【関連記事】
【キャラビズム】アルコール0、カロリー0、人生観もゼロ?
【キャラビズム】本には紙の匂い、タブレットには匂いがない
【キャラビズム】PTAの声が大きくなり、先生の声は聞こえない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP