ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【キャラビズム】「ワカサ」と「バカサ」の違いは一文字なり!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの86歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』や『知らないと恥かく世界のマナー』(電子書籍)などの著書がある。日本在住40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム=Calabuisme」。さて、あなたはどう受け止めるか?

 * * *
●Par expérience personnelle,la différence entre la sottise et la jeunesse n’est que celle d’un mot!
私の経験では、ワカサとバカサの違いは一文字なり!

●A la TV,on nous a présenté des steaks à cent mille yen, ;le prix d’une seule bouchée pourait sauver des milliers d’enfants d’Afrique!
テレビで10万円のステーキをテーマにしていたが、これ一口で、アフリカの何千人の子供の命が助かるのに!

●Les banques ne prêtent pas d’argent à ceux qui n’en n’ont pas!
金がない人には、銀行は金を貸さない!

【関連記事】
【キャラビズム】国際テロ、関係なくても流れ弾に当たる危険
【キャラビズム】先生の権限が減ると学生のわがままは増える
【キャラビズム】政権が変わっても、中身は変わるだろうか?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP