ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オルセー美術館でM字開脚の美女 拘束されるも処罰なく釈放

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「印象派の殿堂」として知られる、フランス・パリのオルセー美術館。5月29日、ここで驚くべき事件が起こった。30歳の女性芸術家が、何の前触れもなく自らの股間を作品として“展示”したのだ。この衝撃の“事件”をレポートする。

 オルセー美術館の20番ホールには、観る者に「アートとは何か」を問いかける挑戦的な名作が展示されている。それは『世界の起源』──19世紀フランス写実主義の巨匠、ギュスターブ・クールベが残した油彩画である。

 この作品でクローズアップされるのは、豊かな陰毛に覆われた女性の陰部。1866年の発表当時からヌード芸術表現の議論を巻き起こし、その論争は150年近くたった今でも続いている。この歴史的作品が掲げられた場所で、突如観客たちのざわめきが起こった。

 金色のドレスを着た黒髪の白人女性が、作品の前で両脚を大きくM字に広げ、座りこんだのである。鼻筋の通った美しい女性で、どこかウィノナ・ライダーを思わせる。ドレスの下に下着は着けていない。股間には、黒々としたヘアが見えている。

 そしてその奥には、壁に掛かった『世界の起源』のように、いやそれよりもはるかに大胆に、女性器が露出していた。

 女性は羞恥の表情を浮かべることも、ほほえむこともなく、無表情で虚空を見つめている。目元には、青い色で涙を模したような化粧が施されていた。

 同美術館で1、2を争う人気作品の前だけに、その時も多くの観客たちがいた。ある者は驚きの声を上げ、ある者は絶句した。その間、わずか数分──。やがて美術館の警備員が駆けつけ、彼女を観客の目から隠した。その後、警察が彼女を拘束したという。

 その女性は、ルクセンブルク出身で、アーティストを名乗るデボラ・ドゥ・ロベルティス氏(30)。彼女はこの行動について「アートだ」と説明した。

 フランスのテレビ局「アンフォ」のインタビューに、彼女はこう答えている。

「少なくとも8年前から考えてきたアート作品です」

「これは単なる露出ではない。衝動的な行為でもない。私のアーティストとしての視点が問われるべきだ」

 そしてこうも話した。「誰も私に触れなかったことに驚いている」──。仏ラジオ局「ウーロップ1」によれば、彼女は処罰を受けることなく釈放されたという。

※週刊ポスト2014年7月11日号

【関連記事】
ジブリや藤子・Fなど全国「マンガ美術館」紹介するガイド書
ピカソの絵は何故高い?その疑問に多角的に迫る芸術論の本
フェルメールが人気の理由「奥ゆかしさが日本人にしっくり」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。