ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

I-O DataのAndroid用CDドライブ「CDレコ」は7月下旬にCDへの書き出しやFLAC/AAC 320Kbpsなどに対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

I-D Dataは7月1日、Android向けリッピング用のCDドライブ「CDレコ(CDRI-S24A)」の機能追加アップデートを発表しました。発表された新機能は7月下旬に予定されてい「CDレコ」アプリのアップデート版をインストールすることで利用できるようになります。本体側のファームウェアアップデートは不要です。新機能の目玉はCD-Rなどへの書き込みに対応したことと、ロスレス形式FLACでの保存やAAC 320kbpsに対応したことでしょう。Androidの音楽ファイルでオリジナルの音楽CDを作成することが可能になり、さらに高音質でリッピングした楽曲を視聴できるようになります。追加予定の新機能一覧

取り込んだ楽曲のCDへの「書き出し」CD書き出し時の楽曲の音量を平均化曲情報の取得精度の向上(Gracenote®)アルバムジャケットの自動取得(Gracenote®)FLAC Level5(ロスレス圧縮)形式での取り込み320kbpsのAAC形式取り込みに対応取り込む楽曲の保存先の指定

Source : I-O Data


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、英国版Galaxy Note 3にハイブリッドダウンロードやKnox 2.0を提供
NTTドコモ、Xperia Z2 Tablet用のタブレットスタンド付きBluetoothキーボード「BKC50」とハンドセット機能付きBluetoothリモコン「BRH10」をを発売
LGブラジル法人、Optimus GとOptimus G ProのAndroid 4.4アップデートを今夏に実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP