ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『こどものおもちゃ』 大地丙太郎 脚本・演出で2015年夏舞台化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 小花美穂さんの漫画『こどものおもちゃ』が、2015年夏に舞台化されることが決定した。同作は1994年から1998年にかけ集英社の少女漫画誌『りぼん』で連載されていた作品で、今回の舞台化は『りぼん60周年』を記念して行われるもの。

 舞台化にあたり、1996年から1998年にテレビ東京系で放送された、アニメ版監督の大地丙太郎さんが、脚本・演出を担当することも発表されている。
その他、キャスト、劇場など詳細は今後毎月『りぼん』誌面などを通じて発表される。

【関連:格闘ゲーム『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』舞台化決定】

●概要
公演期間:2015年夏
劇場名:詳細は追って発表
原作:『こどものおもちゃ』小花美穂(集英社「りぼん」連載)
脚本・演出:大地丙太郎(アニメ『こどものおもちゃ』監督)

参考:
りぼん60周年記念公演『こどものおもちゃ』

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。