体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

舞台『ノブナガ・ザ・フール』ファイナル公演に島﨑信長が登場

 ビジョンクリエイターの河森正治が、2次元、3次元の枠を越えて著名クリエイターたちとともに新たなライヴエンターテイメントを創出する多次元プロジェクト“The Fool”。
その第1回作品である『ノブナガ・ザ・フール』の舞台プロジェクトが、7月20日、有明コロシアムでいよいよファイナルを迎える。

 「LiveVoice(声優)」「LiveAct(俳優)」の両アクトが同じ舞台上で演じ、キャラクター原案のカズキヨネの描き下ろしのイラスト映像や、テーマソングを手掛ける吉俣良による感動的な音楽を織り交ぜた“新感覚のライヴエンターテインメント”とした反響を集め、舞台では1月より放映されているアニメプロジェクトのストーリーと並行しながらも、ちょっと違った展開や結末が描かれる。

【関連:アドリブ満載『ノブナガ・ザ・フール 第2回公演』昼の部完全レポート】

舞台『ノブナガ・ザ・フール』ファイナル

 ファイナル公演“act3 ~最後の晩餐~”では、アニメでは序盤でミツヒデに暗殺されてしまったノブナガの弟、ノブカツ(LiveVoice:島﨑信長/LiveAct:浅倉祐太)が初登場。
公式ヴィジュアルブック(パンフレット)撮影現場に潜入し、島﨑信長に意気込みを語ってもらった。

■公式ヴィジュアルブック(パンフレット)撮影現場にスネーク

 公式ヴィジュアルブックVol.3の撮影は3日間にかけて行われ、LiveVoice/LiveAct総勢19組が参加。
今回もA3サイズの大判で豪華版仕様となっており、「今回はキャラクターのキーカラーの照明を一部当てたカットと、白バックで撮るオフショットの2パターンで、対照的なイメージで撮影されている。今回はカズキヨネさんのイラストも大胆に掲載して、写真枚数も多く使う予定です」とアートディレクター氏(構成案をチラッと見せてくれたのだが(それぞれめちゃめちゃかっこいいページ構成となってます!)。

 初登場となるノブカツのLiveVoice:島﨑信長が柔らかな笑顔で「お願いします」とセットに入ると、ノブカツのイメージに沿った静かな佇まいや芯の強さを表現していく。「どんなポーズでも決まるなぁ」「ですねぇ」とアートディレクター&カメラマン氏。続く白バックでの撮影では、「オフショットっぽくお願いします」の声に、満面の笑みでピースしたりと緩やかな表情を見せていたのだが、スタッフ一同「ファッション誌の撮影みたい~」と好評だった。

島﨑信長 島﨑信長 島﨑信長 島﨑信長
1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。