ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エルニーニョ冷夏を逆手に取ったビジネス戦略

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エルニーニョ現象で「冷夏」に?景気にマイナスの影響が懸念

気温と商売には綿密な関係があり、例えば、「気温が22度を超えるとビールが売れ始める」というようなデータが多く存在します。昔から、消費を促すという点では「夏は暑い方が良く、冬は寒い方が良い」と言われていますが、どうやら今年は雲行きが怪しいようです。

その原因は、今年の夏はエルニーニョ現象の発生が予測されているからです。エルニーニョ現象とは、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米のペルー沿岸にかけての広い海域で、海面水温が平年に比べて高くなり、その状態が1年程度続く現象です。これにより、地球全体の大気の流れが変わってしまいます。

そのエルニーニョ現象が発生すると、日本では「冷夏」と呼ばれる現象が起こり、夏季に低温や長雨の日が多くなる傾向があります。そうすると農作物の成長に悪影響を与え値段が高騰したり、天候不順によるレジャーへの意欲がそがれたりして、人の消費意欲が抑制されるため、例年よりも売上が落ち込み、景気にはマイナスの影響が出ると懸念されています。

エルニーニョ冷夏への3つの対応策

そのため、「夏には暑くなってほしい」と祈るだけではなく、売上減少を抑えるためにも、あらかじめ冷夏になった場合の対策を用意することが重要です。しかし、「冷夏の特効薬」というものは存在しないため、手探り状態というのが企業の本音です。

エルニーニョ冷夏への対応策を考える際のポイントは「夏の時期に、夏季商品が売れない。では、どうすれば良いだろうか?」という視点で考えることです。

①前倒しする
「夏に夏季商品が売れないのなら、夏前に夏季商品を売る」というように、販売する時期を前倒しする方法です。夏に秋季商品を売るということもできます。単に「夏期商品が売れないから秋季商品を前倒しで投入する」ということではなく、「夏でも涼しい日が続くから、夏でも温かいものを提供する」というように、「お客さまに必要とされるから投入する」ということがポイントです。

②予約を活用する
冷夏によって消費行動が低下する前に、利用者を確保するという方法です。単純に「割引します」というような特典で予約を受けつけるのではなく、「夏季の時期に、お客さまが前もって予約をしたくなるような工夫」が必要となります。「なぜ、お客さまが、その時期に予約をしなければならないのか?」という視点がポイントになります。

③売り方を変える
「暑い日には冷たいビールが美味しいですよ!」という売り方から、「夏の○○料理には、ビールがすごく合うんですよ!」というように、買う理由を変えてしまうという方法です。同様に「暑いから、避暑地に行く」を「夏しか見れない○○があるから、それを体験しませんか?」というように「お客さまが行動する理由」を変えることも有効です。従来から定着している「暑いから~」や「夏だから~」という理由を、あえて使わないということを前提に考えてみてください。

「お客さまに、どのようなメリットがあるのか?」という視点で

ただし、どの方法も「お客さまに、どのようなメリットがあるのか?」という視点を軸にして戦略を立てていることが大前提となります。これは冷夏対策に限ったことではありませんが、そのことが抜けていたり、きちんと伝えることができなければ、せっかく立案した戦略も不発に終わってしまいます。

これから冷夏対策を考える場合は、「お客さま」のことをしっかりと理解した上で、悦ばれるメリットを含んだ対策を考えてみてください。

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP