ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フジテレビ 山岸舞彩番組超低視聴率は「あるあるの呪い」説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロアイスホッケー選手との熱愛も発覚した山岸舞彩。キャスターを務める『NEWS ZERO』(日本テレビ系)は同時間帯視聴率1位で、10%を取る日もあり、絶好調だ。ただ、4月から開始した司会を務める『ワンダフルライフ』(フジテレビ系、日曜21時~)は真逆の結果に終わっている。テレビ局関係者が話す。

「初回こそ10.5%を記録しましたが、2回目にまさかの3.3%。急性リンパ性白血病に侵され、闘病生活に専念していたニュースキャスターの大塚範一が1年ぶりのテレビ出演を果たした5月4日も、5.5%と伸びなかった。その後も1ケタが続いています。

 そして、6月8日、衝撃が起きました。ゴールデンタイムにもかかわらず、視聴率2.1%という数字に陥ったのです。たしかに、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)、『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系)などの強力な裏番組が並んでいましたが、この数字は考えられません。

 ちなみに、テレビ東京系は同時間帯に『日曜ビッグバラエティ 爆笑! 外国人が母国のママを日本に呼んだSP』を放送し、7.6%。テレ東にも、トリプルスコア以上の大差を付けられたのです」

 いくら最近、視聴率低迷が続いているフジテレビとはいえ、ゴールデンタイムで2%台は考えられない数字だという。

「もはや番組打ち切りは確実でしょう。局側としても、収録済みのVTRをお蔵入りさせるほどの資金的な余裕や事務所と揉める勇気もないから、あと数回は続くでしょうが、終了は時間の問題。ただ、次に始める番組がない。同時間帯は、少し前まではドラマ枠でしたが、『家族のうた』が3.1%を記録するなど上手くいかなかったため、撤退した。局内では、いまさらながら“あるあるの呪い”だと囁かれています」(フジテレビ関係者)

 2007年、やらせ問題(納豆ダイエット)が発覚し、打ち切りに追い込まれた『発掘!あるある大事典II』。思えば、同番組は『ワンダフルライフ』と同じ時間帯だった。

「低視聴率は山岸舞彩のせいだとは思いませんが、逆にいえば『NEWS ZERO』の好調も山岸舞彩のおかげとはいえないかもしれません。山岸自身が数字を持っていれば、2.1%はありえないですからね。

 これだけ低い数字が出ると、次からは自然と使いにくくなります。制作会議でキャスト案に上げようものなら、『ゴールデンで2.1%獲ったからなあ……』と却下される確率が高く、名前を出しにくくなる。山岸は、致命的な痛手を負ってしまいました」(同前)

【関連記事】
山岸舞彩アナが巨人選手と合コン三昧の陰口 参加は寺内だけ
いいとも 祝日の視聴率は局内トップクラスで終了に疑問の声
フジ亀山千広新社長の大ナタで低視聴率『いいとも』を終了に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP