ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名門中学8割合格の塾講師 型破りな「会話ゼロ」授業の様子

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 しんと静まり返った教室に、子供たちが問題を解く鉛筆の音だけが響く。ここは東京駅にほど近い、とあるオフィスビルの一室。最終在籍生徒の実に8割以上が開成、麻布、筑駒、桜蔭といった難関中学に合格するという「宮本算数教室」である。

 主宰の宮本哲也氏(54)は、『算数と国語を同時に伸ばす方法』(小学館)など、多くのパズル本や教育本を執筆している知る人ぞ知る伝説の講師。その指導法は正に「型破り」という言葉がぴったりな、独特のものだ。

 入塾申し込みは先着順、授業は週末の1日だけで、2時間半ぶっ通し。トイレは自由。何より宮本氏は生徒に一切“教えない”のである。

「4年間通っている生徒とも会話は全くしません。必要ないんです。今日のように緊張感の高い空気の中で頭を使っていれば、賢くならないわけがないんですから」(宮本氏)

 生徒たちは、ひたすら宮本氏が作った問題を解く。解けたら静かに挙手。宮本氏は生徒のノートを見て、正解だったら「マル」、誤答だったら「ボツ」という。それだけだ。

 問題は1日10問。一番デキのいい生徒が飽きないペースでだんだん難しくなっていくため、中にはぼんやりしたり、机に突っ伏したり、消しゴムを噛んだりといった生徒の姿も……。それでも何もいわない。

「授業中の生徒とは真剣勝負。説明して賢くなるんなら教えます。でもそうじゃない。解けなくても考え続けるから賢くなる。分からなくても頭を使っていれば、それでいいんです」(宮本氏)

 そんな宮本氏は、経歴も型破りだ。大阪の高校を1年で中退。その後、独学で大検を取得し早稲田大学第一文学部へ入学した。卒業後は大手進学塾を経て、1993年、横浜に「宮本算数教室」を立ち上げ、2009年に現在の場所に移動。来年からは、なんとニューヨーク・マンハッタンに教室を移すという。

「英語はできないんですが」と宮本氏は笑うが、会話ゼロの授業なら、確かにアメリカでもやれそうだ。7月10日には新刊『算数と国語を同時に伸ばすパズル』(小学館)も刊行予定で、ますます活躍の場は広がっている。

撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2014年7月11日号


【関連記事】
「天下無敵の宮本算数教室」85%が難関校に進学 その授業内容
東大合格激増させた灘校伝説教師の授業は文庫本1冊読むだけ
大手中学受験塾 モンペ対策で講師が男子生徒へのタッチ禁止

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP