ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

結局ネットで勝つのは旧メディア?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドワンゴの川上量生会長が、ネットメディアの将来について、“日経や朝日新聞などのオールドメディアが圧勝する”と分析。ネットユーザーの間で話題となっている。

【画像や図表を見る】

いわゆる「新聞離れ」は、数字が証明している“はず”だ。日本新聞業界のデータによれば、2000年におよそ5371万部だった新聞の発行部数は、2013年には約4700万部に、総務省の発表による新聞の1日あたりの購読時間は2005年の13.99分から、2010年には9.55分に減少。昨年度の総務省の調査では、20代のネット利用時間は136.7分なのに対し、新聞購読時間はわずか1.4分となっており、紙からネットへの移行が新聞業界の大きな課題となっている。

しかし川上会長は、6月25日にダイヤモンド・オンラインで公開されたインタビューで、ネットの現在について、「ネット系のメディアで勝っているのは、日経と朝日の2社」と語っている。川上氏は、ネットを席けんする無料モデルについて、

「自分で取材しないで、他媒体のニュースを集めたり、そのニュースを見て記事を書いたりしています。ページビュー(PV)を集め、広告収入を得るというモデル」
「そういうメディアが多数でてきたために過当競争になり、市場が荒れ地と化しました」

と分析する一方、オールドメディアについて、

「結局、コンテンツを自ら作っているところが勝つと思います」
「そもそも、ニュースのレベルが違いすぎる。記者の数も違うなど、体制が違いすぎる」

と語り、現在月額4000円超の購読料で10万人単位の読者を抱える日経を筆頭とするオールドメディアが、ネット系でも圧勝すると述べている。

この記事は、公開から2日後までにツイッター上で800人以上にツイートされており、

「相変わらずいいこといってるなぁ」
「さすが川上さんは冷静な分析をするなぁ」
「ほんとその通り」

など、川上氏の分析に納得する人が相次いでいる。ドワンゴは、有料会員をサービスの主体としているうえ、今年10月にはKADOKAWAとの経営統合を予定。ツイッターユーザーからも支持を得た川上氏の分析のもと、着実に生き残りへとまい進しているようだ。
(R25編集部)

結局ネットで勝つのは旧メディア?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
大学生の読書離れ、スマホの影響?
新聞・雑誌との付き合い方が変わる
堀江氏就職受験料の中止指導に意見
ドワンゴ入社試験受験料に賛否両論
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP