ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本田圭佑の態度 W杯出場権を獲得した直後から変化が起きた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 サッカーワールドカップブラジル大会のグループリーグC組を2敗1分けで敗退した日本代表。その3試合の経過は、奇しくも8年前、ジーコ監督で臨んだドイツW杯と重なる。その大きな共通点が、チームに「王様」がいたことである。今回は本田圭佑、ドイツでは中田英寿。チームに「王様」を作ってしまったことが敗因だったのではないか。

 ジーコ時代の中田は、代表選手の中でも海外経験が最も豊富で、絶対的な存在感を示していた。しかしその半面、孤立しているシーンがよく見られた。

「あの時の代表は、黄金世代を中心に編成されているためか、同世代の選手で固まる傾向がありました。中田は彼らより少し年上だったうえに、国際試合の厳しさを人一倍知っていたことから、勝利のためにどうしても発言が厳しくなりがちだった。

 そのためか、食事の時には中田の隣には誰も座りたがらず、招集時期が遅いために知り合いが少なかった大黒将志が座って、2人が仲良くなったという話もあります」(スポーツジャーナリスト)

 それでもジーコ監督は中田に全幅の信頼を置き、戦術面でも中田の意見を聞き入れた。結局このことが「監督は中田のいうことしか聞かない」という評判に繋がり、ますます中田とチームメイトの間に溝を作ることになる。結果チームは分裂状態となり、予選での惨敗を招く要因の一つとなった。サッカージャーナリストの財徳健治氏が語る。

「中田の場合は味方に対する言葉が少しキツすぎたことや、発言をメディアが面白おかしく取り上げたことで、歪んだ中田像ができあがってしまった。

 本田はこの失敗を認識して、そうならないように努力していました。同じくビッグマウスが取り上げられたものの、あくまであれはメディア向きのもの。チームメイトを責めるような発言はなく、融和する道を選んでいた」

 確かに本田がチーム内で「孤立している」という話は伝わってこなかった。むしろピッチ外では“いじられキャラ”として定着するなど、チームに溶け込んでいる姿が報告された。2012年には長友佑都がテレビのインタビューで、「カラオケで自分の世界に入る圭佑を皆で笑っていた」と証言しているように、雰囲気は良かったようだ。

 しかしそんな本田も、ザック体制の中核として順調に勝ち星を重ね、W杯出場権を世界最速で獲得したあたりから、変化が起きた。

 味方を責めるようなことはいわなかった本田が、「個の力が足りない」と、8人の選手の実名を挙げて公開説教したのが昨年6月、W杯出場を決めた翌日の記者会見だった。年長の今野泰幸に対してはプレーだけでなく、心構えについても苦言を呈した。

「(香川)真司や(長友)佑都のようにトップクラブでやっている選手もいるけど、そうじゃないリーグやクラブでやっている人もできることがある。それを今野選手のように、憧れみたいな気持ちでやってもらっては困る」

 会見に参加した記者の話。

「これは今野が『ビッグクラブでプレーしている人と一緒にプレーできるのは楽しい』と発言していたことに対する牽制です。本田としては半分ジョーク、半分本気というところでしょう。説教が始まると、それまで和やかなムードだった会見場の空気が凍りついていました」

※週刊ポスト2014年7月11日号

【関連記事】
韓国人 本田のJリーグへの発言受け「韓国へおいで」と絶賛
釜本邦茂氏 W杯で「王様」作ることが失敗になると予言した
「俺、次の扉開いた」本田と長友の異次元会話に他の選手鳥肌

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP