ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

哀川翔 赤井英和のパンチを受けたVシネマのリアルさを語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 Vシネマが誕生してから今年で25年。Vシネマとともに役者人生を歩んできた哀川翔に、プロインタビュアー・吉田豪氏が、斬り込む。Vシネ全盛期、いかに無茶な撮影現場から、無茶な作品が生まれたのか──。

──梶原一騎先生の実弟・真樹日佐夫先生(※注)の制作した作品にもいろいろ出てましたよね。

【※注】漫画原作者。『ワル』シリーズや哀川主演の『真説 タイガーマスク』など多くの作品が実写化された。『巨人の星』で知られる梶原一騎は実兄。2012年没。享年71。

哀川:真樹さんとかの話を聞くと半端じゃないもん。ヤクザに鉄砲向けられて、「撃ってもいいけど、その銃声を聞いたら、100人以上のうちの門下生が確実にあんたを殺す」って言って、引いたっていうんだから。そういう人が原作書いて、それが脚本に出てくるから、誰も変えられないね、もう。「こんなことないでしょう」って言っても、「いや、あった!」って(笑)。

 真樹さん、安藤組の花形敬(※注)とも多摩川の土手でケンカしたって言ってて、それを『すてごろ』(2003年)って作品で俺が真樹さん、赤井(英和)さんが花形敬で再現したんだけど、赤井さんのパンチがすごいのよ。「ちょっとかじってるだけだから大丈夫です」って言ってたけど、違うだろ!

【※注】安藤昇が設立した東興業、通称「安藤組」の大幹部。1963年、抗争中に刺殺された。2002年公開の映画『実録・安藤組外伝 餓狼の掟』では哀川が花形役を演じている。

──ダハハハハ! 相手は元プロですよ!

哀川:すごかった。もう必死だったよ。ワンカットでいくって言われたから。大変だよ、もう。パンチでピシッと音がするんだよ。「怖いよ、赤井さん」って。でもまあ、流血なんてしょっちゅうだしね。芝居やってる最中に血がブワーッと出てきて超リアルだった(笑)。共演者が引いてたもん。ズルーッと血を流して、目とかにバーッとついたらすげえリアルなのよ。ヤベえこいつ、みたいな。

──血糊じゃ出せない迫力ですよね。

哀川:『修羅がゆく』(1995年)で萩原流行さんとの乱闘シーンを目黒川沿いで撮ってたときなんて、水の中で足場が悪くて、俺、転んじゃったんだよ。普通だったらカットが入って、もう一回撮ろうかってなるんだけど、俺が倒れてるのに、そこに殴りかかってきたからね(笑)。俺、マジ逃げたもん。ホント腹が立って、もうやっちゃおうと思ったもん。超リアルな絵だよ。

──Vシネのリアルさって、現場にホントに怖い人がいたりする怖さもありますよね。

哀川:ああ、あるある。目でわかるよ。芝居できないから。マジ怒ったりするからね。「そんなんじゃねえんだよ! バカにしてんのかコラ! 遠藤憲一、殺してやる!」って、「えっ、どういうこと?」みたいな。

──話の通じない人がいるなと。

哀川:すごいよね(笑)。でも監督が一番暴れん坊なんだよ、じつは。三池(崇史)さんも半端じゃないよ。三池さんのアクションは半端じゃない。うまいし、速いし。あと助監督がお巡りに捕まったりしてるのをもらい受けに行くときなんかの芝居が半端じゃないの、監督は。ホントは監督が悪くて助監督が捕まってるのに、バッと興奮して「なんでそこまでやるんだ!」とか言って殴って(笑)。

──結局、撮影しているとそういうふうに警察沙汰になっちゃうことが多いわけですね。

哀川:だって無許可で撮るんだもん。文句言われたら助監督が「すみません、私が」って泣いて、「引っ張れ引っ張れ。その間に撮っちゃうぞ」みたいな。

──泣いてるいまがチャンス! っていう。

哀川:そう(笑)。でも、その人間味がVシネマだと思うよ。感情がもろ出てくるから。だから、打ち上げがむちゃくちゃ面白いもん、絶対ケンカだから。普段は仕事だから抑えてるわけだけど、酒が入るともう止まらないのよ。最初は仲がいいのに、だんだんすごいことになってるんだよ。「表出ろコノヤロー!」とか始まって、すごいから。そしたら殺陣師の大活躍みたいな。

◆哀川翔(あいかわ・しょう)/1961年、徳島県生まれ。俳優。1984年から一世風靡セピアのメンバーとして活躍し、『前略、道の上より』でレコードデビュー。その後、テレビドラマや映画を舞台に俳優として活躍し、1990年代には『ネオチンピラ 鉄砲玉ぴゅ~』シリーズを皮切りに多数のVシネマに出演した。2005年に日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞し、映画やバラエティ番組など多方面で活躍。現在、来春公開予定の芸能生活30周年記念映画(品川祐監督)を撮影中。

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2014年7月11日号


【関連記事】
哀川翔 諸星和己と暴走族に囲まれるも騒ぎを収めた逸話を語る
高須院長 恋人の西原理恵子さんには整形も脂肪吸引も許さず
「マニュアル人間なるな」連呼男 自分は自己啓発書手放さず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP