ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

翻訳家が「翻訳困難」と論評 日本語の言語の可能性に迫る本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 毎回、評者に1人1冊を選んでもらう書評コーナー。今回は年末年始に合わせ3冊の本をピックアップしてもらった。翻訳家の鴻巣友季子氏がピックアップしたのは、以下の3冊だ。

(1)『abさんご』(黒田夏子/文藝春秋)
(2)『さようなら、オレンジ』(岩城けい/筑摩書房)
(3)『遡行』(岡田利規/河出書房新社)

 グローバリゼーションの名のもとに英語が跋扈し、インターネットとGoogleの更なる浸透につれて言語の均質化が進んでいる。プレーンな、(英語に)翻訳しやすい文章が推奨される昨今、それに逆らうように書かれる日本語作品もある。翻訳が困難だからこそ強い存在意義を持ち、言語の壁を越える力を有する三冊。

(1)七十五歳で芥川賞受賞。固有名詞の一切ない異色私小説。漢字を極力使わず、ランダムにひらがな表記を採るが、構文はまるで外国語のよう。日本語の規範を引っ掻き踏みしだきながら、その可能性を拡大する。

(2)豪州で暮らし世界共通語の英語で細々と小説を書き続ける主婦が、尊厳の源として日本語を取り戻すまでを描く。

(3)著者初の演劇論。「散らかった」文法破格の日本語を書く岡田利規の演劇は欧州でも評価が高い。翻訳不可能に見える言葉と動きの織り成す舞台は、その実、翻訳の隘路を軽々と突破する普遍性をもつ。次の日本人ノーベル文学賞はこの人が良いんじゃないかな?

※週刊ポスト2014年1月1・10日号

【関連記事】
横書きの日本語が日本社会に与える悪影響について解説した本
川本三郎氏選出 未知の地や隣町など色々な旅を描いた本3冊
香山リカ氏選出 浅田真央ら女子スポーツの光と陰を描く3冊

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP