ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

談志の下で26年過ごした志らくが師匠の人となりを明かした本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『談志のことば』立川志らく/徳間文庫/620円

 亡くなった師匠・談志のもとで過ごしたのは26年。その間、師匠が発した数々の言葉をもとに当時の思い出を語りながら、立川談志のいいたかった本音とその人となりを明かす。芸人としての「プライド料をよこせ」、最後の言葉「電気、消せ」の真意とは。

※週刊ポスト2014年1月17日号

【関連記事】
談志の弟子で人気ダントツの志の輔 序列的には9番目の弟子
山藤章二が糸井重里、ピカソなどを例にヘタウマを語った本
昨年死去の立川談志本人がその生涯を綴った最後の書き下ろし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP