ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【著者に訊け】清水潔『殺人犯はそこにいる』で事実を明かす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【著者に訊け】清水潔氏/『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』/新潮社/1680円

 メディアの仕事は「一つ一つ小さな声を、社会に広く伝えるアンプのようなもの」と、日本テレビ報道局・清水潔記者は言う。

「特に不条理な事件に巻き込まれた人の声なき声には、誰かが耳を傾けないと……。『FOCUS』時代、僕は桶川ストーカー事件(1999年)で亡くなった猪野詩織さんの名誉を何とか回復させたくて前作『遺言―桶川ストーカー殺人事件の真相』を書き、本書『殺人犯はそこにいる』では1979~1996年に栃木・群馬一帯で起きた連続幼女誘拐殺人事件の犠牲者の無念に背中を押されるように真相を追った。

 その過程では足利事件で有罪が確定していた菅家利和さんの冤罪の告発や無罪確定がありましたが、5つの事件が未解決である状況は何も変わってないんです」

 桶川事件で〈警察より先に犯人に辿り着いた「伝説の記者」〉は、足利事件を含む5件に関しても真犯人と思しき人物を特定していた。が、警察は本書が名指しする〈「ルパン」に似た男〉を逮捕しようとはせず、犯人は今もすぐそこで平然と暮らしているのである!

 事件報道には「広がるものと広がらないもの」があるという。『ACTION 日本を動かすプロジェクト』(2008年~)と題した大型特番でそれこそ世論や裁判所をも動かす清水氏は、ある時リストアップされた未解決事件の中から「横山ゆかりちゃん誘拐事件」(1996年)に〈まだ解決していなかったのか〉とマルをつけた。

「ゆかりちゃん事件は週刊誌時代にも取材しているんですが、改めて調べてみると、パチンコ店で幼女が誘拐されて殺害されるケースは思ったより少ないのに、栃木と群馬の県境になぜか集中していた。しかも足利市と太田市はほぼ同じ生活圏で、同一犯の犯行と考える方が自然でした」

 4~8歳の少女が姿を消した5件の事件。問題はうち一件が、菅家氏の無期確定で決着を見ていた足利事件(1990年)だったことだ。しかも公判では本人の自供とDNA型鑑定が決定的証拠とされており、連続性は断たれたかに見えた。が、何かがおかしいと現場に何度も足を運び、目撃者や捜査関係者に取材を重ね捜査の盲点に迫っていく。

「僕が現場に今も通うのは、そこで一人の人が亡くなった事実の重さに立ち返るため。警察のクラブ詰めの記者は捜査側の出す情報は正しいと思いがちですが、そうでない場合もあることに、いい加減気づかないと。

 僕だって警察を敵に回したくなんかないし、検察も報道も事実追求の点では同じ土俵にいると思っていた。でも違うんですね。彼らは逮捕立件という結果を出せる事実だけが大事で、いざとなれば事実を歪めてでも自分を守ろうとすると思い知らされたのが、桶川事件であり、北関東事件でした」

 呆れるのはかつて被害者情報を意図的に流し、桶川事件を〈風俗嬢のB級事件〉に仕立てた警察の〈イメージ操作〉だ。足利事件でも子連れでパチンコに行った親が悪いと遺族が叩かれたが、現場付近で〈赤いスカート〉の少女と歩く男を見たという目撃情報は実質封印された。実はその男こそ、清水氏が直接取材を敢行したルパン似の男なのだが、検察側はDNA鑑定の絶対性を守ろうとしてか、疑惑の男を野に放ったままだ。

「菅家さんにも僕は言ったんです。〈菅家さんが刑務所にいると、どうしても辻褄が合わない〉〈だから排除させていただきました〉とね。僕らが事件を報じてきたのは冤罪報道のためではなく犯人逮捕だとハッキリ言うのが誠意だろうと。

 DNA型の一致にしても実は絶対的ではないことが、本書を読めばわかると思う。どんな科学鑑定も扱うのは人間で、足利同様、DNA型の一致が決め手になった飯塚事件(1992年)で検察側が証拠提出した鑑定写真が一部トリミングされていたことが発覚した時、僕はキレた。この飯塚事件では冤罪を訴える被告の死刑が既に執行され、そうまでして何を守りたいのかも僕は本書で問うたつもりです」

〈あえて「さん」をつけさせて頂きますが、菅家さんが無罪なら、早く軌道修正をして欲しい〉〈ごめんなさいが言えなくてどうするの〉と、被害者の母親が検察官につきつける言葉が痛切だ。自らも娘を失いながら、菅家氏を慮るこの母親のように、清水氏自身もごく一般的な市民感覚や違和感こそを大事にし、警察との対決構図もあくまで現場の肌感覚に従った結果。反権力から出発した警察・検察批判とは、順番が逆なのだ。

「ジャーナリズムの生命線は安心安全な暮らしを切望する生活感覚をいかに忘れないかにあると僕は思うし、どんな特ダネも犯人逮捕に繋がらなければ意味がない。ところがそんな我々の願いを当局はことごとく裏切り、今やルパン似の男を“絶対逮捕してはいけない男”にしてしまったんです。

 起訴有罪率99%とも聞く彼らが筋読みさえ間違わないならそれでもいい。ただたとえ1%でも立場の弱い人を踏みにじるなら断じて許せないし、彼らが放置する男に二度と大事な命を奪わせないためにも、あえて一人称で書いた怒りが誰かの行動に繋がれば嬉しい」

 桶川事件で「被害者の実像を読んでもらうための演出として、警察より先に犯人に辿り着いたと書いた」と氏は語り、ルパン似の男に行き着いた執念の取材も、未だ知れないゆかりちゃんの行方を〈狂おしいほど〉知りたいため。自らが動くことで誰かが動く「報道の力」を信じた、渾身の書である。

【著者プロフィール】清水潔(しみず・きよし):1958年東京生まれ。父の影響で写真を始め、専門学校卒業後、新聞社写真部へ。「メディアで働く入口が写真で、最初から記者志望でした」。新潮社『FOCUS』編集部を経て、現在は日本テレビ報道局記者・解説委員。『FOCUS』連載「交通大戦争」で警視総監感謝状。桶川事件報道及び『遺言』で編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞とJCJ大賞。日テレ移籍後も北関東連続事件報道で民放連最優秀賞など受賞多数。164cm、78kg、A型。

(構成/橋本紀子)

※週刊ポスト2014年1月31日号

【関連記事】
足利事件・冤罪被害者の菅家氏 22年前のバッシング報道再録
足利事件の真犯人特定 捜査機関が動かなかった理由に迫る書
三菱銀行人質事件 犯人射殺までの42時間視聴率42.3%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP