ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ザ・タイガースのメンバーが最大のヒット曲のルーツ綴った書

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『ザ・タイガース 花の首飾り物語』瞳みのる/小学館/1575円

【評者】平山周吉(雑文家)

 何だ、グループサウンズの元アイドルのタレント本かよ、と甘く見てはいけない。ザ・タイガース再結成にあわせての懐かしの60年代本だろう、と思ったら大間違いだ。かつて武道館での解散コンサートを機に、憎しみをもって芸能界との交渉を絶ったドラマーの「ピー」瞳みのる(長年、慶応高校で漢文と中国語を教えた)が四十年ぶりにバンドに復帰し、自分たちの最大のヒット曲の「ルーツ探索」を綴ったのがこの書だ。

 沢田研二ではなく加橋かつみがリードボーカルをとり、作詞は月刊「明星」読者が応募した十三万通から選ばれ、後年、井上陽水など多くのカバーを生んだ名曲を徹頭徹尾解剖する。

 メンバーや関係者への取材を重ねるうちに、一九六八年という制作時点の日本に思いをはせ、自分たちの人生にとってのこの曲の重みを自覚するに至る。一旦は訣別した自分の青春をおだやかに受容していく、大いなる和解の書なのだ。

 メンバーの中で特に突っ張った二人であった瞳と加橋の、ややぎこちない再会のシーンから物語は始まる。埼玉のライブハウスで聴く加橋の歌に、瞳は聖歌隊の教会音楽の匂いをかぐ。その直観を大事にしながら、戦後日本の文化的風土にも話は拡がっていく。

 ハイライトは北海道の小さな町・八雲町まで、原詞者である「19歳の女子学生」を探しに、ひとり足を伸ばすところだ。断片的な情報を手がかりに、彼女の居場所を突きとめる。その過程で「僕たちの音楽がどのような人たちによって支えられ、生まれているかについて」関心をもたなかった若さの無知に気づいていく。原詞者に会うことは叶わないが、電話で話を聞くところまでこぎつける。

 昨年末のタイガースの再結成コンサートは、サポートメンバーなしで、自分たちだけで演奏したという。そこに心ならずもアイドルとして人気者になってしまった彼らの、ロックミュージシャンとしての硬派な意地を感じた。それはこの本の感触に直結している。

※週刊ポスト2014年2月7日号

【関連記事】
最新統計学を用い阪神タイガースの真の実力を分析考察した本
ウッズ離婚で19人の愛人のラブコール合戦がスタート
44年ぶり再結成のザ・タイガース 集まれば健康の話ばかり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP