ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「現代のチェーホフ」ノーベル文学賞マンローの最新短編集評

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『ディア・ライフ』アリス・マンロー著 小竹由美子訳/新潮社/2415円

【評者】与那原恵(ノンフィクションライター)

 昨年、ノーベル文学賞を受賞したアリス・マンローの最新短編集である。マンロー作品は日本でも新潮社のクレスト・ブックスを中心に刊行され、多くの読者を獲得してきた。私は彼女の世界に魅了されてしまい、翻訳を楽しみにしてきたひとりだ。けれど残念なことに本人が引退宣言をしたので、この『ディア・ライフ』が最後の作品集になるかもしれない。

 マンローはしばしば「現代のチェーホフ」と称賛される。透徹したまなざしで人間を見つめ、精緻な筆致で心の機微を描いてきた。男女、幅広い年代にわたる主人公たちは、それぞれに愚かで、残酷さも秘めている。さまざまな人生は挫折を繰り返して織り上げられ、シミのような苦味や痛みもひとつの模様となった。

 それでも読後に浄化されるのは、登場人物たちに流れた「時間」が巧みに描かれているからだ。あの時の、あの出来事はこんな意味を持っていた、それによって人生も変わったのだと気づくのは、その時点から遠く離れて、はるかに見渡せるようになってからなのだ。

 本書にもそんな短編がおさめられている。「キスしようかどうしようか考えていて、しないことに決めたんだ」、一度きりの出会いでそう言った男に心を奪われる女性詩人(「日本に届く」)。第二次世界大戦の帰還兵が家に戻らず、列車から飛び降りる。その理由は最後の数行で明かされ、彼はふたたび列車に飛び乗る(「列車」)。不倫関係を続けてきた男の裏切りと、それを知ってから(「コリー」)。

 一篇に二、三か月、ときには八か月かけて書き上げる作品は、静かな語り口でありながら精巧に構成されている。読むうちに、いつしか読者自身の過去の記憶や、忘れていたはずの当時の感情さえ呼び覚ましてしまうだろう。

 最後の「フィナーレ」と題された連作四篇は、自伝的作品だという。とりわけ表題作は、マンロー作品のすべてが詰まっていると評される濃密な味わいだ。人生で背負ってきた悔いと、自らに与える許し。深い余韻を残してやまない。

※週刊ポスト2014年2月14日号

【関連記事】
白髪ロン毛の老医者「シェケナベイベー」で患者に呆れられる
『プロジェクトX』プロデューサーが働く男女の悩みに答える
ウルトラマンタロウ 本当は「ジャック」になるはずだった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。