ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

苛烈な差別受けたハンセン病患者をミステリー体裁で描く小説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『蛍の森』石井光太/新潮社/1785円(税込)

【評者】鈴木洋史(ノンフィクションライター)

 ミステリー小説の体裁を取っているが、知性ではなく魂に訴え、魂を揺さぶる作品である。全編に、登場人物たちのむせび泣くような哀哭の声が響く。

 2012年、四国の山奥の村で神隠し的に老人の連続失踪事件が起こった。物語の発端である。容疑者は物語の語り部である「私」の父親。真実を探るべく「私」が現地へ向かうと、事件の背景として60年前にあったハンセン病患者に対する凄絶な差別の実態が浮かび上がってくる……。
 
 周知のように、かつてハンセン病は癩病(らいびょう7)と呼ばれ、容易に感染すると誤解されて明治以来徹底した隔離政策が採られた。患者を出した家族は村八分にされ、療養所に“連行”された患者は外部との接触を一切断たれた厳しい生活を強いられた。一方、故郷を出て病気の治癒や来世の幸福を願って遍路の旅をする患者も多かった。
 
 映画『砂の器』(野村芳太郎監督)では、少年時代の主人公と患者である父親が山陰地方を放浪するシーンが描かれている。その彼らも行く先々で苛烈な差別を受けた。本書の記述によれば、ハンセン病患者は「カッタイ」、患者の巡礼者は「ヘンド」と呼ばれた。いずれも差別用語である。
 
 四国には道中の密林に「ヘンド」が身を隠すための「カッタイ寺」が数十kmおきに点在していたという。健常者に見つかれば殺されかねないためだ。従来、そうした世界については学術分野でも断片的にしか記述されず、歴史の中に埋もれかかっていたらしい。

 
 物語は四国のある「カッタイ寺」と近隣の村を舞台に展開されるのだが、差別は、する者の心もされる者の心も狂わせる。

〈親父は俺を家に置いておけば村八分にされると考えて、実の息子の俺を家族の前で殺そうとしたんだ(中略)癩になるってことは、人間として認めてもらえなくなるってことなんだよ〉。物語の中である患者はそのように打ち明け、別の患者は次のように自分を責める。〈癩だって前世に悪いことをした因果だっていうでしょ〉〈癩病者っていうのは、この世でのうのうと生きちゃいけない存在なの〉。

 別の患者は森の小鹿を相手に性交していることを仲間の患者に詰(なじ)られ、こう反論する。

〈おまえは(中略)若くて、癩の症状もほとんど出てねえ同士で、堂々とオメコでもすりゃいい。でも、俺たちはそうじゃねえ。体が瘤で覆われ、手足の感覚がなくなり、指を失った俺たちを誰が相手にしてくれるっていうんだ〉
 
 重く、激しい台詞が続くだけでない。肉の腐敗が目に浮かび、血の臭いが漂ってくるかのようなリアルな死体の描写も多い。実は物語は終盤に泣かせる展開を見せるのだが、作品のトーンは安っぽいヒューマニズムとは程遠い。
 
 著者のブログによれば、「ヘンド」や「カッタイ寺」について10年前から取材や調査を始め、2年間、この作品の執筆に精力を注いできた。純粋なノンフィクションとして書くには材料が十分とは言えず、表現に制約があるためフィクションの形を選択したという。  
 
 2001年、ハンセン病訴訟は国と患者の間で和解が成立し、法的には終結した。だが、この作品は過去を描いたものとは言えない。人間の醜さも愚かさも、そしてそれでも消えない愛は普遍的なものであるはずだからだ。その意味で、今の物語として読まれるべき作品である。

※SAPIO2014年2月号

【関連記事】
50代医師 「患者の気持ちを明るくしないとな」と下ネタ言う
正常と異常のグレーゾーンを精神科医が具体例を示しつつ解説
覚えておきたい「尊厳死の3要件」「安楽死の4要件」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。