ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【著者に訊け】現役財務省参事官芦崎笙氏著『スコールの夜』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【著者に訊け】芦崎笙(あしざき・しょう)氏/『スコールの夜』/日本経済新聞出版社/1575円

 現役財務省参事官が家族にも黙って綴った「組織における個人の葛藤」──。第5回日経小説大賞受賞作『スコールの夜』で、特に興味深いのが、著者・芦崎笙氏同様、東大法学部出身のエリートたちの造形だ。

 まずは帝都銀行初の女性総合職として入行し、現在は総合企画部で関連事業室長を務める主人公〈吉沢環(たまき)〉。その10期後輩で、本店営業第一部で活躍する〈河原明日香〉。そして環が手がけるあるいわくつきの子会社の人員整理を法的にサポートする、川田総合法律事務所のエース〈石田晃嗣〉……。

 自身の能力が適正に評価されたこれまでと異なり、様々な力学が渦巻く企業の現実に彼らもまた呑み込まれ、そこで行使される正義さえ〈ひどくあやふや〉だ。が、積もり積もった戦後社会の澱(おり)も含め、清濁併せ呑むのが「現代のお仕事」。その中で悩み、働かないと生きていけないのは、彼らエリートとて同じなのだ。芦崎氏はこう語る。

「もともとは平成8年かな、省内が住専問題や官僚バッシングで揺れていた頃に、自分が今後組織の中でどう仕事をしていくべきなのか考え直したことがあって、20数年の間に溜まった澱が花粉症みたいに閾値(いきち)を超える形で、7年程前に小説を書き始めた。40半ば過ぎて小説を書き始めたなんて、恥ずかしくて誰にも言えませんでしたけど(笑い)」

 過去2回の応募作品でも生殖医療や臓器移植、家族やメディアの在り方を問い、いずれも社会性が高い。

「結婚制度や脳死臓器移植、マスコミという権力の監視システムにしても、当初の目的と現状が乖離し、国民を幸せにするどころか逆に苦しめる場合もある。そうした制度と現実のひずみを、フィクションの力を借りて可視化したかったんですね。

 今回扱った男女雇用機会均等法でも、環世代と明日香世代では相当実態も違うだろうし、男性側の意識や、既に管理職になった環世代が単なる“お飾り”ではなく、企業が歴史的に抱えた暗部に本当に踏み込んでいけるかどうかも、小説に書くことで確かめたかった」

 物語は、昨年関連事業室長に抜擢された環のもとに、帝都事務サービスの〈安原常務〉らが抗議にやってくるシーンで始まる。同社は40近くある子会社の中でも、帝都本体に代わって総会屋対策等、〈裏の役割〉も担ってきた直系だ。が、頭取は着任早々この〈癌細胞〉を処理する方針を打ち出す。突然の事態に憤る安原相手に、環のキャリアは反発を買う材料にしかならない。

 平成元年にようやく女子総合職の採用に踏み切った帝都に入って20年。出世の王道をゆく環は後輩たちの憧れで、〈私もそういう汚れ仕事を任されるようになりたい〉と言う明日香や、〈組織の裏の部分も含めて一緒に支えていく仲間となってもらいたい〉と、自分を抜擢してくれた上司の期待にも応えたい。

 が、離婚以来、仕事に生きてきた環には、東大進学に最後まで反対した母の〈会社が一生あなたの面倒見てくれるわけじゃないんだから〉という苦言も、最近は妙に突き刺さってならないのだ。

「我々公務員は比較的性差が少ない方ですが、保守を自認する同行で環が受ける嫉妬は相当深刻だろうし、私生活では合コンもままならない。僕の友人も3分の2は学内で結婚した気がするし、環の母親が言うように東大出の女性を煙たがる空気は実際あるとは思う」

 帝銀事務サービスの解体は、安原らが隠蔽してきた〈恥部〉の処理と同時に、200名の従業員の解雇を意味した。しかも徹底処理を掲げる頭取派に元会長派は度々横槍を入れ、顧問弁護士を務める石田はかつて自分を酷い形で捨てた初体験の相手! が、憎き彼と仕事をする中で、環は仕事や人生について次第に手がかりを掴んでいくのである。

 ちなみに石田の名は晃嗣。三島由紀夫『青の時代』のモデルにもなった光クラブ事件(昭和24年)の山崎晃嗣と字も一緒だと、彼自身が言う場面がある。東大法学部在学中に高利の投資会社を興すが結局は破綻。非業の自殺を遂げたアンチヒーローに、掴みどころのない石田の姿はどこか重なる。

「彼はもっとわかりやすい悪漢にした方がよかったという御指摘も頂くんですが、権力志向の高い企業弁護士として5億もの年収を稼ぐ一方、カンボジアで地雷除去の事業化も夢見る石田は、仕事でも女性関係でも単に勝ちたいだけの無邪気な男として描いたつもりです。

 環にそれは贖罪のつもりかと問われて〈俺にも分からん〉と彼が言うように、両義性が同居してこそ石田。面白いのは環との過去に関しても、『この程度の失恋を恨み続ける環の方がおかしい』と、むしろ女性読者の方が寛大なんです」

 過去のしがらみやひずみを乗り越えるには、誰かが軋轢を承知で新たな地平を切り拓く他はない。一方で誰しも守りたいものはあり、独身の環ですら怯むのだ。

「でも別に家族がいるから正義を貫けないわけじゃないと思うし、事あれば組織を守る覚悟を踏み絵のように問われ、そのくせ自分を守ってくれるわけでもなくなった今の組織で働く大変さは、女も男も変わらない。今は純粋に会社を立て直そうとした善意の行為が背任罪で告訴される時代ですからね。その中で多少は計算もしながら融通無碍に生きていく普通の人間を、僕は書いていきたいんです」

 環の目を借りて描かれるのは組織人全てが直面するこの国の今だ。本業とアプローチこそ違えど、やはり制度と人の関係に彼の関心はある。

【著者プロフィール】
芦崎(あしざき・しょう):1960年東京生まれ。東京大学法学部卒業後、大蔵省入省。税務署長、大使館、金融庁、内閣官房勤務等を経て、現在財務省大臣官房参事官。日経小説大賞の第2回、第4回と最終選考に残り、昨年3回目の応募となる本作で晴れて大賞を受賞。「それまでは妻にも言わずに深夜コソコソPCに向かう日々。1作目は性描写もあったので、娘にバレないかヒヤヒヤでした(笑い)」。中学高校時代は硬式テニス部に所属。180cm、60kg、O型。

(構成/橋本紀子)

※週刊ポスト2014年3月28日号

【関連記事】
元葉山エレーヌ 「石田みゆき」へ改名願うも局員制止で断念
小石田純一 プチブレイクしても大戸屋のバイトやめられず
石田衣良や江國香織ら人気作家が人生を変えた経験を語る1冊

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP