ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐世保小6同級生殺害事件を振り返り家族他関係者取材した本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『謝るなら、いつでもおいで』川名壮志/集英社/1500円+税

 10年前に起きた「佐世保小6同級生殺害事件」。被害者の父親は全国紙の地元の支局長。そして本書の著者は、当時〈悲劇をともにかなしみ、痛みを分かち合うことすらできずに、新聞記者としての役割をまっとうした毎日〉だったという直属の部下で、被害者少女とも懇意だった──。

 時を経て改めて事件当時の様子を振り返り、被害者の父、当時中学生の兄、そして加害者少女の父親へのインタビューと合わせて構成したノンフィクション。

※週刊ポスト2014年4月18日号

【関連記事】
宮部みゆき新作 普通の人を加害者にする社会の闇を暴く書
大沢在昌の最新作は長崎・軍艦島がモチーフのサスペンス長編
日本のお尋ね者【4】ツルハシでめった打ちし6人殺害の男

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP