体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボブ・ディラン「ライク・ア・ローリング・ストーン」草稿が2億円で落札

ボブ・ディラン「ライク・ア・ローリング・ストーン」草稿が2億円で落札

6月24日、ニューヨークのサザビーズのオークションで、ボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」の草稿が2億円(1$100円換算)で落札された。ロイター通信が伝えている。

Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

ホテルのメモ用紙にボブ・ディランが自筆で、「ライク・ア・ローリング・ストーン」の詞について絵入りで書き留めたもの。曲は1965年に発表されたボブ・ディランの6枚目のアルバム「追憶のハイウェイ61」に収められている。音楽誌ローリング・ストーンが選んだ「最も偉大な500曲」では1位になっている。ボブ・ディランの代表曲だがロック・ミュージックの金字塔的な曲でもある。オルガンを担当したアル・クーパーは、「レコーディングの時に譜面なんてない。全部耳から聞いた」とローリング・ストーン誌に語った。ボブ・ディラン最大のシングル・ヒットで、ビルボード・シングル・チャートの最高位2位になった。

今回のオークション。ボブ・ディランの「はげしい雨が降る」の草稿も出品され、4850万円で落札された。過去に、書いた自筆の詞が、オークションで高値で落札されたのはジョン・レノンの「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」の1億2千万円だそうだ。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。