ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビッグローブ、音声通話も可能なSIMカード「音声通話SIM」を明日7月1日より提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビッグローブは6月30日、同社のモバイルデータ通信サービス「BIGLOBE LTE・3G」において、音声通話も可能なSIMカード「音声通話SIM」を明日7月1日より提供すると発表しました。音声通話SIMは、090などの電話番号を利用できる音声通話サービスとデータ通信サービスを組み合わせたSIMカードです。ユーザーはビッグローブ提供の公衆無線LANサービス「Wi-Fiスポット」を無料で利用することができます。料金プランは次の4種類です。ライトS/M/とスタンダードはデータ通信用のプランに月額900円+税の「音声通話オプション」を追加したものです。音声通話スタートプラン(月額1,600円+税):1GBのデータ通信が可能ライトSプラン(月額2,045円+税):2GBのデータ通信が可能ライトMプラン(月額3,783円+税):3GBのデータ通信が可能スタンダードプラン(月額4,690円+税):7GBのデータ通信が可能いずれのプランも通話料は20円+税/30秒、SMSはオプション(200円+税/月)、MNP対応、SIMカードは3種類(標準/Micro SIM/NanoSIM)、最低利用期間は12ヶ月。音声通話SIMの販売チャンネルはBIGLOBEの公式サイト、イオン各店舗、ヨドバシカメラ各店舗、Amazon.co.jp、ビッグローブ楽天市場店です。ビッグローブはこのほか、Wi-Fi接続アプリ「オートコネクト」を7月1日付けでアップデートします。新バージョンには当月と前月に利用データ量を確認できる機能、事前に設定したデータ通信量を超過したことを通知する新機能が追加されています。更新:リンク先のURLの間違えを修正しました。Source : ビッグローブ


(juggly.cn)記事関連リンク
Amazon Fire TVでFedora 20が動作(動画あり)
Galaxy S 5 miniが7月中旬に発売されるという噂
ASUS、海外で「Fonepad 7(ME372CG)」と「Padfone 2」のAndroid 4.4.2アップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP