ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界一の美女を指導したトレーナーが語る「最強のダイエット食」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本格的な夏がもうすぐやってきます。薄着の季節だからこそ、引き締まったボディになりたい!という気持ちが日増しに募るのも当然のことかもしれません。

ちまたには、ダイエット本があふれていますが、「市販のダイエット本はとても過激だ」というのは、ミス・ユニバース・ジャパンのトレーナーとして、世界一の美女を指導してきた金塚陽一氏。自著『「腹」を8センチ減らす技術』で、「これだけダイエット本が売れるということは、裏を返せば”ダイエットに挑戦し ても成功していない”人が多いということなんです」と指摘しています。

氏の提唱する「金塚式ダイエット」では、食事制限や運動をしなく ても、日常生活を少し変えるだけで1日60gの体重を落とすことが可能だそうです。具体的には、ぬるま湯に30~40分入浴する、6~7時間は寝る、3食 食べる、水をよく飲む、正しい歩き方をする、半年に一度プチ断食をする…といったもの。これはどれも「自律神経」を上手に整えることと関係があるそうで す。

そして、金塚氏が「最強のダイエット食」というのが、「和食」。夏には身体を冷やす効果のある夏野菜を、冬には身体を温めてくれる根菜類を食べるなど、和食で旬を感じられるものを意識的にとると、身体のバランスがよくなり、健康で太りにくい身体づくりに役立つそう。

サントリーの和食に合うビール『和膳』のキャンペーンサイト『和食通信』では、金塚氏とともに栄養学の観点から、管理栄養士・浅尾貴子さんが和食の魅力について語っています。「料理に使う食材が多い」「調味料に動物性の油をあまり使わない」など3つの和食の長所とともに、夕飯を和食にすることで美しく健康にいられるコツを紹介し、”夜和食レシピ”を紹介しています。

いま世界が注目している和食で、何気なくダイエット。「これなら毎日続けられそう」と思う人も多いのではないでしょうか?

【書籍データ】
『「腹」を8センチ減らす技術』(晋遊舎新書)金塚陽一著、950円

【関連リンク】
管理栄養士&トレーナーがすすめる「和食」の魅力とは?―和食通信
http://www.suntory.co.jp/beer/wazen/tsu-shin/contents2.htmlPermalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。