体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ダークナイト』監督の新作『インセプション』日本向け予告編の制作! ディカプリオと渡辺謙が共演で話題

インセプション

『ダークナイト』を手がけたクリストファー・ノーラン監督の今年の注目作『インセプション』の最新情報だ。『インセプション』はレオナルド・ディカプリオと渡辺謙が共演することでも話題になっており、撮影も日本(東京)、アメリカ(ロサンゼルス)、カナダ(カルガリー)、イギリス(ロンドン)、フランス(パリ)、アルジェリア(タンジェ)の世界6カ国で行われた。

そんな『インセプション』の日本向け特別予告編が5月29日(土曜日)より全国の劇場(一部劇場を除く)で上映されることが決まった。日本のマーケットを大切に思うノーラン監督が特別に日本用の予告編を製作。ハリウッド大作の予告編が日本用に制作されることは極めて異例なこと。

そんなクリストファー・ノーラン監督からのコメントがあるのでご覧頂きたい。
「事前情報が与えてくれない作品こそが、観客に最も驚きを提供できる。『インセプション』が何かというベストの説明は、映画を見てもらうことなんだ。そうすると完全に理解できる。『バットマン ビギンズ』で仕事したケンとは、是非また仕事したいと常に思っていた。カリスマ性のある素晴らしい役者で、撮影現場では気さくな素晴らしい人物。今作の彼の演じた役は実は脚本執筆の段階からケンをイメージして書いたんだ。強大な影響力を持った巨大企業のトップの役を力強く演じてくれた。主人公に半ば強制的に仕事を依頼する、という作品の鍵を握る重要な役だ。」

あわせて渡辺謙さんのコメントもどうぞ。
「いよいよ公開が近づいて来ました。3Dとも違う、潜在意識の中に入り込む、新しい映像の幕が上がります。是非劇場でこの予告を目にして下さい。きっとこの映画が見たくなるはずです。」

今年最大の注目作とされている映画『インセプション』本編も楽しみだが、その前に特別予告編を見てみるのも良いだろう。

『インセプション』
公開日:7月23日(金)より丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
7月17日(土)、18日(日)、19日(月・祝)先行上映決定!
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/inception/

(C) 2010 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

■最近の注目記事
日本ユニセフに対するネット上の誹謗中傷的書き込みについてを聞いた 「本家ユニセフとは別だがユニセフファミリー」
昔の個人ホームページにありがちなこと 「勝手に流れるMIDI」「キリバン報告」「左右に動く文字」など……
動画サイトでブームの「吹っ切れた動画」 腰の動きがセクシーで可愛い

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。