ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

普段気にしなかった屋根が新鮮に思える屋根屋が主人公の小説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『屋根屋』村田喜代子/講談社/1600円+税

【評者】川本三郎(評論家)

「奥さんは変わっとる」「奥さんは面白か人ですな」という言葉が出てくるが、村田喜代子の小説はいつも「変わっとる」。普通の日常の話のなかに突然、ヘンテコリンな話がまぎれこんでくる。見慣れた風景が見知らぬ異界とつながってしまう。

 題名どおり屋根屋が主人公になる。屋根を修理する職人。これまで数多くの小説を読んできたが、屋根屋に出会うのははじめて。当然、屋根の話が語られる。まったく村田喜代子は「面白か人」だ。

「私」は北九州市に住む主婦。夫と高校一年生の息子と一戸建てで暮している。ある時、屋根が壊れ、雨もりするようになったので屋根屋を頼む。五十代の職人がやってくる。ゆうに百八十センチは超える。民話の世界から現われた大男のよう。

 実直な職人で黙々と一人、仕事をする。昼には自分で作った簡素な弁当を食べる。

 ラジオを聴きながら仕事をする職人が多いなか、この屋根屋はそうしない。「私」がそれを指摘すると屋根屋は、そういえば奥さんはテレビをつけませんねと言う。二人とも、「静かなのが好き」という点で似ていた。

「私」は屋根屋と、そして屋根に惹かれてゆく。屋根屋が職業柄、日本の古い寺の屋根や、フランスの教会の屋根に興味があると分かると、「私」はいつか屋根屋と一緒に旅に出たいと思う。

 それが実現する。二人は仲良く日本の寺の屋根を見てまわる。さらにフランスに飛び、ノートルダム寺院やアミアン大聖堂などの屋根を見に行く。

 といっても「退屈な主婦の不倫」などというよくある話ではない。「変わっとる」「面白か人」村田喜代子がそんなありふれた話を書く筈がない。

 二人の屋根巡りは実は夢のなかのこと。それも「私」だけの夢ではない。「私」と屋根屋がそれぞれの家で眠りにつく。夢を見る。二人は夢のなかで同じ屋根に行く。いわば「夢のドッキング」。奇想天外。村田喜代子はそれを仰々しくではなく、日常茶飯事のようにさらりと書く。

 西洋の屋根は天をめざす。日本の屋根は横に広がり、西方浄土をめざす。屋根論も語られる。普段、気にしなかった屋根が新鮮なものに思えてくる。「屋根は静かな場所なのだった」。

※SAPIO2014年7月号

【関連記事】
終了間近の出雲大社「平成の大遷宮」 精鋭職人が緻密作業
東京駅を原型に戻す復原工事で駅舎内の延べ床面積は2倍超に
国民栄誉賞作曲家・吉田正氏の10億円遺産を巡り泥沼トラブル

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP