ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

釜本邦茂氏 W杯で「王様」作ることが失敗になると予言した

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ブラジルW杯でグループリーグ2敗1分けに終わり敗退したサッカー日本代表。3試合の経過は、奇しくも8年前、ジーコ監督で臨んだドイツW杯と重なる。その大きな共通点が、チームに「王様」がいたことである。今回は本田圭佑、ドイツでは中田英寿。2人は、それぞれの世代における日本代表で傑出した存在だった。

 しかしそのなかで、チームに「王様」を作ることが最大の失敗になる、と大会前に本誌で予言していたのが元日本サッカー協会副会長の釜本邦茂氏だ。釜本氏は週刊ポスト5月30日号の「“裸の王様”本田圭佑なら日本は負ける」と題した記事の中で、こんな言葉を残している。

〈本田には注文がある。もっと謙虚にならなければならない。自分のスタイルを前面に出すのはいいが、それは周囲の者が理解してこそだ。それに私は、他の選手たちにも責任があると思う。チームが本田の言い分を素直に受け入れすぎているように見えるのだ。本田に対して「それは違う」と反論する者が、現在の代表にはいないのではないか。

 彼は紛れもない日本の中心選手だ。しかしだからこそ、彼を「裸の王様」にするようなことがあっては、日本は崩壊してしまう。それは中田英寿の時に、痛いほど経験したはずだ〉

※週刊ポスト2014年7月11日号

【関連記事】
釜本氏「本田は謙虚に。中田英の二の舞なら日本崩壊」と懸念
サッカー日本代表 惨敗したドイツW杯と似た状況との指摘
パンサー尾形貴弘 「サッカー通ぶれる」本田圭佑の基本解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。