ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

きみまろ 同窓会で元美人より普通の顔の方が有利な理由を解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 綾小路きみまろが、爆笑夫婦ネタを五・七・五の川柳にまとめた新刊『きみまろ「夫婦川柳」傑作選』(小学館)を上梓。その中に収録されている“夫婦バトル”の傑作を紹介しよう。

 * * *
 今の時期、暦の上では『初夏』ですが、鬱陶しい雨が降り続く『梅雨(つゆ)』の季節でもあります。

 ただ、外国では『ジューン・ブライド』。6月に結婚する花嫁は幸せな結婚生活を送れるといわれていますし、『梅雨』時に生まれた人も幸せです。

 誕生日にはみなが歌で祝福してくれます。『ハッピーバースデーツーユー』と。

「ふ~ん、駄ジャレだったのね。真剣に聞いちゃったわよ。そんなこととは露知らず」。駄ジャレの倍返しはいいの!

 実はこのたび『きみまろ「夫婦川柳」傑作選』という本を出しまして、みなさまにその中身をチラ見せしたいと思います。買ってほしいので、全部は見せられません、あしからず。

 それでは、いつまでたっても絶対にすべては解明されない『夫婦』という名の小宇宙をテーマに、誌上ライブをお送りいたします。

「うちの女房は美人でもないし、たとえ女房がその気になっても、男の方が相手にしないだろう」

 そう思ってる中高年のご主人がいたとしたら、それは間違いです。

 美人もそうでもない人も、中高年になれば同じです。

 確かに若いころは『顔がいい』『スタイルがいい』でモテました。でも、年齢を重ねるたびに崩れていきます。

 逆に若いころ、「キレイじゃない」と言われた女性は、崩れたまま年齢を重ねます。

 そして中高年になると崩れた同士、元美人も、そうじゃなかった人も『オバサン』というひとつの単語でくくられ、同じスタートラインに並ぶのです。

 同窓会に出席しても、男性の感想は、元美人に対しては「昔の面影ないね」で、そうでない人は「昔のままだね」。

 横並びになると、そうでない人の方が有利です。

 美人はどんなに努力しても「昔とくらべるとなぁ…」と評価されません。

 でも、そうでない人は努力してメイクを変えたり、ダイエットしたりすると「最近、キレイになったねぇ」と恋心を抱いてもらったりするのです。

 口説かれ、彼氏のできた奥様。

「うちの“嫁”がほかの男と…なんて“読め”なかったもんなぁ」。奥様の“不倫”で、“不憫”なご主人なのです。

※女性セブン2014年7月10日号

【関連記事】
今年のミス・ユニバース日本代表 初恋こじらせ25年彼氏なし
カメラマンが「浅尾美和より断然オシ」という美人アスリート
ダジャレ・下ネタがテンポ良く連発するきみまろ漫談が活字に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。