ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

がっかり夫 服や小物バンバン買うため高収入なのに貯金ゼロ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 離婚率はここ数年35%超で推移、3組に1組の夫婦が離婚している。10年、20年夫婦を続けていれば、夫に対して冷めた声も出てくるというもの。そこで、こんなはずでは…ながっかり夫の実態エピソードを紹介しよう。

●夫は「男は外で働き、女は家庭を守る」という古くさい考えの持ち主。今の時代、専業主婦でいられるのはありがたいんだろうけど、ケンカになると「誰のおかげで飯が食えると思ってるんだ!」と超モラハラ発言。あ~、仕事続けてりゃよかった。(48才・主婦)

●独身時代、パチンコにハマっていた主人。でもプロポーズの時に、パチンコ卒業宣言をしてくれたんです。でも今年のGW、「子供の面倒は見るから出かけておいで」なんて言ってくれたと思ったら、夜、娘に「ママあげる」と手渡されたのは銀の玉。約束を破られた以上にムカついたのは、子供をあんな空気の悪いところに連れていく神経。間違って玉をのみ込んだらどうするのよ!(35才・パート)

●肝機能が弱まったため、お医者さんにお酒を止められた夫。泣いてすがって1日コップ1杯までの許可をもらったとか。確かに守ってはいるけれど、表面張力ギリギリまで注ぐのってどーよ。(52才・主婦)

●家事は一切手伝わないくせに、「ここ、ホコリ積もってるよ」と姑顔負けのチェックをしたかと思ったら、「冷蔵庫の食材は全部正面を向くように」と独自のこだわりまで見せる。結婚前から几帳面だとは思っていたけど…。ハズレ?(41才・医療事務)

●オシャレな夫は結婚後も生活に変化なし。自分の服や小物をバンバン買ってきますからね。世の中的には高収入なのに貯金ゼロ!(34才・主婦)

※女性セブン2014年7月10日号

【関連記事】
48才主婦の美容法 アイドルに恋患いで食事のど通らず-3kg
0円でできる“ながら”ダイエット CM中に逆立ちor背伸び
マクドナルド、TSUTAYAなどのケータイクーポン活用術

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP