体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

横浜中華街ならでは!こだわりの冷やし中華が食べられるお店はどこ?

横浜中華街ならでは!こだわりの冷やし中華が食べられるお店はどこ?

横浜のココがキニナル!

夏と言えば冷やし中華ですが、中華街の各店ではどんな冷やし中華が食べられるのでしょうか?食べ比べをお願いします!(miyukid さんのキニナル)

はまれぽ調査結果
中華街の「景徳鎮(けいとくちん)」と「萬来亭(まんらいてい)」にて、3種類の冷やし中華と各店の看板メニューを紹介。

日本の夏の風物詩、そして季語にもなっている「冷やし中華」。冷たくさっぱりした味わいと、ツルっとした麺のノドごし。今回は中華街で見つけたちょっと変わった冷やし中華をご紹介。

「景徳鎮(けいとくちん)」のバンバンジー冷麺と四川麻辣冷麺

まずは、純四川料理の店「景徳鎮(けいとくちん)」本店から。

横浜中華街ならでは!こだわりの冷やし中華が食べられるお店はどこ?

取材日は猛暑の冷やし中華日和

「冷やし中華の王道」を想像すると、ハム・きゅうり・たまごの具に、甘酸っぱい醤油ダレといったところだが、景徳鎮では、ピリッと辛いゴマダレでいただくバンバンジー冷麺と、特製麻辣(マーラー)ダレでいただく四川麻辣冷麺を注文。

しばし待つ。その間に、純四川料理の店「景徳鎮」といえばこれ、という看板メニューをいただくことに。

横浜中華街ならでは!こだわりの冷やし中華が食べられるお店はどこ?

本場四川風マーボー豆腐(激辛)1890円

うま味と辛みと香ばしさが、じわじわ口の中に広がる。山椒の辛みに舌がピリピリするが、爽やかな辛さで、とてもクセになる味。そして、ライスが欲しくなるがガマン。冷やし中華まで、汗を流しながらマーボー豆腐をすする。

それからほどなくして、バンバンジー冷麺から運ばれてきた。 

横浜中華街ならでは!こだわりの冷やし中華が食べられるお店はどこ?

盛り付けも綺麗なバンバンジー冷麺(950円)

横浜中華街ならでは!こだわりの冷やし中華が食べられるお店はどこ?

ゴマダレをたっぷりかけていただく

具は、蒸し鶏・チャーシュー・ハム・エビ・きゅうり・きくらげ・トマトの7種類。
蒸し鶏とチャーシューからは、ほどよく八角の香りも漂う。見た目よりもさっぱりと薄味のゴマダレ。酸味とゴマのコクがバランスよく食べやすいうえ、ちぢれ麺によくからみ、しつこくなく、とても食がすすむ。

横浜中華街ならでは!こだわりの冷やし中華が食べられるお店はどこ?

もう一品の四川麻辣冷麺(1050円)も到着

横浜中華街ならでは!こだわりの冷やし中華が食べられるお店はどこ?

こちらもタレをたっぷりかけていただく

1 2 3次のページ
はまれぽ.comの記事一覧をみる

記者:

『はまれぽ.com』は横浜のキニナル情報が見つかるwebマガジンです。 毎日更新の新着記事ではユーザーさんから投稿されたキニナル疑問を解決。 はまれぽが体を張って徹底調査、ディープでマニアックな横浜のネタを配信しています。

ウェブサイト: http://hamarepo.com/

TwitterID: hamarepo

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy