ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新入社員の4人に1人が「サービス残業」容認 将来の幸福のために「今は我慢」?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新入社員の4人に1人が「サービス残業」容認 将来の幸福のために「今は我慢」?

残業代ナシで時間外労働を行う「サービス残業」は、れっきとした違法行為である。しかし実際には多くの企業で行われており、働く人たちの中にも「普通のこと」と思われている節がある。異常事態といっていいだろう。

そんなムードは、入社したての新入社員にもすでに伝わっているようだ。日本生産性本部が発表した2014年度の「新入社員働くことの意識」調査によると、残業は「手当(の有無)に関わらず仕事だからやる」という回答が、依然として24%を占めているという。

報道にも「違法行為」という認識が足りない

「手当に関わらずやる」という回答は、第一次石油危機の1972年には50%台半ば、第二次危機の1979年には40%台半ばを記録していた。

平成に入ってから30%前後で落ち着き、2011年には30%台半ばまで上昇したもの、ここ数年は急速に減少傾向が続いており、今年は調査始まって以来の最低レベルとなっている。この傾向について朝日新聞は、

「ブラック企業問題が注目され、残業代が出ないサービス残業はしたくないとの考えが強まっている」

という調査元の客員研究員のコメントを掲載している。しかしサービス残業はゼロであって当然のこと。コメントは客観的な分析だが、賃金不払いが「違法行為」であることへの批判的なスタンスが、もう少しあってもいいのではないか。

ただ、先輩社員の中には「新入社員は実質的な見習い期間なので、残業代を気にするのはおかしい」という考え方の人も、残念ながら少なくないのが事実だ。

今年4月に放送されたバラエティでも、「モンスター新人」の項目のひとつとして「残業代が出るか気にする」が挙げられていた。あるキャリコネ会員は、給与明細に残業代が入っていないことを抗議したところ、女性上司から、

「じゃあ今月から、自分の能力を考えて残業時間をつけなさいね」

と皮肉を言われたという。

「第一志望に入れた:55%」が根本的な原因か

ただし調査結果を見ると、上司や先輩からの圧力以外に、自ら「サービス残業」を選択する背景になりそうなデータもある。ひとつは、就活戦線の激化だ。「第一志望の会社に入れた」と答えた人は昨年から少し改善したものの、55.0%にとどまっている。

ようやく入れてもらった会社を、どうしてもクビになるわけにはいかない。そんな気持ちから「残業代ウンヌンと言って、会社から目をつけられたくない」というプレッシャーが掛かっているのではないか。

「仕事中心」的な価値観の復活も見られる。社会人生活を「(私)生活中心」で送りたいと答えた人は、1991年に23%にまで高まったが、その後は急降下。ここ数年は10%を下回っており、2010年以降は「仕事中心」に追い越されてしまっている。

「この会社で定年まで働きたい」という回答も、一昨年の34.3%より減ったものの28.8%あった。「将来の幸福のために今は我慢が必要だ」という項目に「そう思う」「ややそう思う」と回答した人は84.6%にのぼっている。

将来の幸福のためには、会社に居続けなければならない。それと引き換えなら若いうちの「サービス残業」など安いもの、という構造になっているとすれば残念なことだ。

あわせて読みたい:就職留年は「デキ損ない」なのか

最新記事は@kigyo_insiderをフォロー/キャリコネ編集部Facebookに「いいね!」をお願いします

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。