ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

M・シューマッハ氏やオシム氏を生還させた脳低温療法の原理

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月15日、元F1王者のミハエル・シューマッハ氏(45)が昏睡状態から脱してリハビリを開始したと報じられ、世界中のファンが「奇跡の生還」を喜んだ。

 昨年末のスキー事故による脳挫傷から6か月、「植物状態」で回復の見込みはないとの情報も流れていた最中の電撃発表は、医学的な見地からも大きな関心を集めている。

 シューマッハ氏を生還させた「脳低温療法」とは、どんな治療法なのか。脳低温療法とは、患者の体温を下げ、脳の温度を32~34度の低温状態で管理して脳の回復を促す治療法だ。同療法を実践する回生病院(香川県)の関啓輔救急センター長はこう解説する。

「打撲すると腫れて熱を持ちますが、そこを湿布で冷やすと炎症が治まって腫れが引いていく。極めて簡単にいえば、同じ処置を脳でやるということです」

 心停止や頭部外傷で脳細胞が壊れると脳全体が腫れ、それにより周辺部が圧迫される。この状態になると脳は熱を溜め込み、44度近くまで上昇する。それが続くと正常な脳細胞も次々と死滅し、脳に障害を及ぼしたり脳死へと進行していく。脳低温療法はその熱を取り除き、正常な細胞を守る療法だ。

「蘇生しても正常な細胞が死んでしまうと後遺症が残る。それを防ぐことで、後遺症の軽減に成果があります。心停止後に脳低温療法を行なった患者で社会復帰できた割合は55%で、通常体温下での治療の39%より高いというデータもあります」(前出・関氏)

 基本療法は、まず心臓を蘇生させて脳への血流を確保し、脳の血腫除去などの手術を行なう。次に、内部に冷水が流れるブランケットで全身を冷やすか、血管内にカテーテルを入れて血液を冷やす方法などにより、脳の温度を32~34度に保つ。

 脳波などから回復サインが読み取れれば、1日に0.5~1度の範囲で温度を通常体温に戻す復温を行なう。

 この治療法が発案されたのは1950年代にさかのぼる。そこから1970年代にかけアメリカを中心に各地で研究されてきたが、温度管理の難しさや、免疫力低下による肺炎の併発、さらには心機能低下による死亡例が多く発生。そのため過去には「危険な療法」と指摘されたこともある。

 だが1990年代になり、温度上昇により脳が破壊されるメカニズムや脳温がどのようにコントロールされているかの仕組みが解明され安全性を高めた現在の脳低温療法が現われた。当時、日大板橋病院で独自の脳低温療法を確立し、脳外科の権威として知られる医学博士の林成之氏が語る。

「1991年に初めて脳低温療法によって瞳孔散大状態の患者の社会復帰に成功しました。従来の治療方式では社会復帰が困難とされた重症患者が回復したという事例によって、世界的に注目されるようになりました」

 林氏は細胞レベルまで患者のデータをリアルタイムに測定できるコンピューター管理システムを開発、さらに総勢140人のスタッフが24時間このシステムを支える態勢を整えた。脳温、脳圧、心内圧、心拍出量など72項目を常時チェックする研究を重ね、合併症が少なく、効果のある脳低温療法の条件を見つけ出した。

 この治療法で死の淵から驚異の回復を遂げた人物がサッカー日本代表元監督のイビチャ・オシム氏だ。2007年11月、脳梗塞で倒れた当初は生命が危ぶまれたが、救急搬送された順天堂大学浦安病院で脳低温療法を受けて生還。手足にわずかな後遺症が残ったものの、病に倒れる以前と同じように数か国語をスラスラと話すなど、記憶や思考はほぼ完全に回復している。

 2008年には愛知県の3歳児が氷の張った池に転落、10分以上も心肺停止状態になり、意識不明が5日間続いたものの、いち早く脳低温療法を施された結果、後遺症なく日常生活に復帰したことも話題になった。

※週刊ポスト2014年7月11日号

【関連記事】
「傷口には消毒液より水」で治りが早くなると医師説明
突発性難聴の新治療 積極的に音楽を聴かせ聴力を回復させる
WHO認定の花粉症 唯一の治療手段は「舌下減感作療法」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP