ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

哀川翔 諸星和己と暴走族に囲まれるも騒ぎを収めた逸話を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1989年にVシネマが誕生してから今年で25年。Vシネマといえば、誰もが思い出すのが、この男の名前だろう。哀川翔が駆け抜けたのは、アウトローたちが画面の中で躍動していた最後の時代だった。無茶な撮影現場からしか、無茶な作品は生まれない──Vシネ全盛期の真実に、プロインタビュアー・吉田豪氏が、斬り込む。

──Vシネマの歴史がスタートしたときから哀川さんは一緒に歩んできたわけですよね。

哀川:すごかったよね、東映のVシネマのスタートのラインナップとか。みんなメジャーどころの人が並んで。俺はそのラインナップにとりあえず載ったんだよね。だから、おまえ何だみたいな目で見られたね、最初は。

──役者の実績で選ばれてないですからね。

哀川:そうそう。高橋伴明さん(※注)が主役を選ぶときに「今、六本木で一番元気なのはだれだ」って聞いて回って、「哀川翔だろう」っていう話になって(笑)。

【※注】映画監督。『TATTOO〈刺青〉あり』(1982年)でヨコハマ映画祭監督賞を受賞。1990年に東映Vシネマ『ネオチンピラ 鉄砲玉ぴゅ~』を監督した際に、主演に哀川を抜擢した。

── 一番飲んでた頃ですもんね。

哀川:毎日飲んでたから(笑)。そしたら「高橋伴明さんが話があるらしい」って言われて。怖かったのよ、伴明さんって。サングラスをかけてて、俺らから見ると大人で、それが暴れるんだから、超怖かったよ。普通は暴れないでしょう?

──哀川さんも暴れてるイメージですよ!

哀川:いや、もう当時は暴れてなかった。

──六本木で暴れた噂は聞いてますけどね。

哀川:うそ? ほんと? そんなにないよ。

──光GENJIの諸星(和己)さんとかと一緒にいたとき暴走族に囲まれて、諸星さんに「おまえは有名人だから車の中にいろ」って言い残して立ち向かった話とか。哀川さんも有名人なんですけど(笑)。

哀川:いや、俺の場合はまだ大丈夫だったから(笑)。諸星が出てきたら騒ぎになっちゃうからね。そのときバイク50台ぐらいいたんだけど、「もう帰ったほうがいいよ、君たちは」って言ったら、ピシッとおさまったよ。

──そこに出て行くのも勇気が要りますよ。

哀川:いやいや、全然平気だった。だって、みんな俺らより若いし、年下に負けるわけがないんだから(笑)。俺の同級生でむちゃくちゃ強いのがいたんだけど、そいつは兄貴には絶対勝てなかったもん。やっぱり年上は強いんだよ。だから暴走族に送ってもらったことがあるよ、新宿から。知らない暴走族を朝方に止めて、ちょっと家まで送ってよって(笑)。一世風靡セピアの頃は、次の店に行くのが面倒くさいから暴走族を止めて、ちょっとあそこの店まで送ってってやってた。

──タクシー代わりにして(笑)。

哀川:一番早いよ。すごく丁寧だった。タクシーなんかよりも道をよく知ってるよ(笑)。

──そんなことばかりしてたら、「六本木で一番元気な男」という噂が広まったわけですね。

哀川:そうそう。要するに、伴明さんも賭けだったんじゃないの? こっちは、役者なんてなんでそんな面倒くさいことをみんなやるんだと思ってて、無理だと思ってたから。

──セリフを覚えるのが嫌いですからね。

哀川:ホントだよ! 一番ビックリしたのは、みんな毎日時間どおりに来るんだもん。朝方3時ぐらいに終わって、翌朝7時に来てるから、大丈夫? みたいな。俺、こいつら絶対頭おかしいと思ったよ(笑)。で、言われたの。「来ればなんとかなる」って。だから俺は熱があっても運んでもらったよ(笑)。それで寝たままメークとかされたよ。俺。すごいよね。

◆哀川翔(あいかわ・しょう)/1961年、徳島県生まれ。俳優。1984年から一世風靡セピアのメンバーとして活躍し、『前略、道の上より』でレコードデビュー。その後、テレビドラマや映画を舞台に俳優として活躍し、1990年代には『ネオチンピラ 鉄砲玉ぴゅ~』シリーズを皮切りに多数のVシネマに出演した。2005年に日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞し、映画やバラエティ番組など多方面で活躍。現在、来春公開予定の芸能生活30周年記念映画(品川祐監督)を撮影中。

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2014年7月11日号


【関連記事】
被災地の成人映画館84歳経営者「表現の自由守る」と意気込む
紳助ショックの中、暴力団出席パーティに大物Vシネ俳優登場
BIGBANGのT.O.P 「鏡を見るのをやめていた」発言のワケ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP