ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最初の性犯罪がバレないとスリルで覚せい剤同様「依存症」に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 性犯罪が後を絶たないが、性犯罪に対する世間の目は極めて厳しい。大きなリスクを伴うのに、なぜ彼らは一線を越えるのだろうか。

「誰でも通常、何か行為を行う前に失うものと得るものを天秤にかけます。性犯罪は仕事や家庭を失う大きなリスクがあり、一般の人は踏み止まりますが、性犯罪者はこの天秤がどこかで逆転してしまう。これを『依存症における優先順位の逆転現象』といいます」(御徒町榎本クリニックの精神保健福祉部次長・斉藤章佳氏)

 斉藤氏の知る、盗撮癖のある大学生は苦労して就職の内定を得た後、盗撮で逮捕された。本人は逮捕後、「バレたら就職がなくなると自覚していたのにやってしまった」とうなだれるばかりだった。

「天秤が逆転してしまった例です。頭の中で『内定が出たから我慢しなくてもいいだろう』『いや、バレたら取り消しだ』というセルフトークが繰り返された末、行動化が優先されたのです」(前出・斉藤氏)

 結局、この大学生は大学を退学になり、就職は取り消された。性犯罪はアルコール依存症や薬物中毒と同じく依存症であると前出・斉藤氏は強調する。

「依存症になると自分で自分の欲求をコントロールできません。多くの性犯罪者はもともとの欲求に仕事の疲れや睡眠不足、上司からの叱責などのストレスが重なって、天秤が逆転して一線を越えてしまうケースが多い。

 最初の性犯罪が発覚せずに成功すると、日常生活では得がたいスリルと興奮になり、覚醒剤と同じようにはまっていく。犯行を繰り返すなかで手口が洗練されて“スキルアップ”し、ますます止められなくなっていくんです」

※女性セブン2014年7月10日号

【関連記事】
韓国の強姦件数は人口10万人当たり39.2件で日本の40倍以上
性犯罪者 社会的地位のある人や穏やかで知性的な優等生も
【キャラビズム】アルコール依存とゲーム依存、共通点は何?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP