ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブラジルW杯の日本状況 ジーコ監督時のドイツ大会と重なる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 サッカーW杯ブラジル大会、結果は残念なものだったが、まずは精一杯戦った日本代表を心から労いたい。世界の強豪国の選手たちですら足が攣って、続々とピッチに倒れ込むような過酷な環境の中、日本の選手たちは最後まで諦めず、誇りを持って戦い抜いた。

 しかし世界の壁は我々の想像以上に高く、険しいものだった。主将・長谷部誠はコロンビア戦の後、「力不足。それ以上でも、それ以下でもない」と潔く言い切った。結果的に1勝もできなかったブラジルでの戦いだが、収穫がなかったわけではない。むしろ今後の日本代表の課題がハッキリわかったといっていい。

 結論からいおう。敗因は本田圭佑という「王様」の存在だった。本田が戦犯だといっているわけではない。彼はコートジボワール戦でのゴール、コロンビア戦でのアシストと、今大会の得点すべてに絡んだ。本田がいなければ3戦無得点という悲惨な結果を迎えていた可能性も高い。

 問題は「王様」の存在を許したチーム全体、そして“あの時”と同じ轍を踏むことになった日本サッカー界にある。

 コロンビア戦後、サッカーファンの間では、こんなフレーズが飛び交った。

「ドイツの時と、何もかもが同じだった」

 ブラジルW杯の3試合の経過は、奇しくも8年前、ジーコ監督で臨んだドイツW杯と重なる。初戦の逆転負け、必勝を期した2戦目の痛恨のドロー、そして3戦目に南米の強豪国に大敗。特に最後のコロンビア戦は、ドイツW杯でのブラジル戦と、1―4(前半1―1、後半に3失点)というスコアまで同じ。

 しかも勝負の決まった後半、相手ゴールキーパーが交代するという屈辱(ケガや退場などがない限り、キーパーの交代は滅多に行なわれない)を味わわされたことまで、ブラジル戦と重なる。

 大会前、チームが「史上最強」といわれた点も共通する。ザックジャパンでは長友佑都、香川真司、岡崎慎司ら欧州組を中心に編成。一方のジーコジャパンは、中村俊輔に加え、小野伸二、稲本潤一に代表される、いわゆる「黄金世代」を軸に据えた。

 そして最も大きな共通点が、チームに「王様」がいたことである。今回は本田、ドイツでは中田英寿。2人は、それぞれの世代における日本代表で傑出した存在だった。

 中田はまだ日本人サッカー選手の海外挑戦が一般的でない時代に、いち早く日本を飛び出してイタリア・セリエAに移籍し、実績も残した。

 本田もJリーグで3年間プレーした後にオランダ、ロシアで活躍、今ではイタリアの世界的な名門クラブ「ACミラン」で、エースナンバーの10番を背負う。

 ともに独特のファッションセンスを持ち、“ビッグマウス”といわれる発言が注目される点も同じ。そして何より、ジーコ、ザッケローニ両監督は彼らをチームの核にすると公言し、何があっても中田、本田を中心に戦術を組み立てた。

※週刊ポスト2014年7月11日号

【関連記事】
W杯で注目 ブラジル代表ネイマールの成長の歴史を追った本
5大会連続W杯出場・サッカー日本代表の強さに秘密に迫った書
遠藤保仁 W杯グループ突破「コロンビア戦までに決めたい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP