ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるで60’sシネマのよう! いるだけで画になりそうな「マグノリアベーカリー」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『セックス・アンド・ザ・シティ』や『ゴシップガール』などたくさんの人気番組や映画に登場する、あのカップケーキ店『Magnolia Bakery(マグノリアベーカリー)』が、日本に初上陸!

『プラダを着た悪魔』では、アン・ハサウェイ演じる主人公が、彼の誕生日を祝うため、キャンドルを1本立てたカップケーキをちょこんと両手で持つ姿がキュートでとっても印象的でした。

NYでいちばん有名なカップケーキ店

1996年にウェストビレッジにオープンして以来、「NYのカップケーキといえば…」と口を揃えていうほど有名なお店に成長したマグノリアベーカリー。

じつはカップケーキだけでなく、チーズケーキやクッキー、ブラウニーやバナナプディングなども販売しているベークド・スウィーツ専門店なんだそう。

これらのスイーツは、最高の食材をつかって店内のキッチンでつくられており、焼きたての新鮮なスイーツを味わえるのが特徴。

表参道店では150種類のメニューのなかから、日替わりで約40種が販売されるほか、休日や季節ごとにスペシャルメニューも販売されるとか。足を運ぶごとに新しい発見がありそうですね。

お部屋づくりの参考になりそうな店内インテリア

もうひとつ注目したいのが、本場・NYのインテリアを丸ごと表参道店にて再現していること。米国から輸入したというヴィンテージのキッチンウェアは、お部屋づくりの参考になりそうです。

最近、ちょっとずつ浸透しつつある、出産間近の友だちを祝うパーティ「ベビーシャワー(Baby Shower)」や女子会、ホームパーティでこんなスイーツがあったら、盛り上がること間違いなしですね!

『マグノリアベーカリー表参道』
東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE B1階
【営業】11:00~20:00/【休業】GYREの休業日に準ずる

■ あわせて読みたい
こだわりハンパない! 驚きのおいしさを奏でる自家製ジェラート
暑い季節にこそ食べたい! カクテルをイメージした夏のショコラ
チョコで異国へトリップ! 癖になる斬新フレーバー
偉人も愛した? パリで最も古い歴史を持つチョコレート
ココロが豊かになる。美術館&カフェで過ごす贅沢な1日
月曜はビタミン注入! 曜日で楽しむボンボンショコラ
食べるほど元気に! 栄養素たっぷりの優しいローチョコレート

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP