ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サービス充実させるタクシー業界 高齢者・妊婦向け広がる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国土交通省の調査によれば、平成24年3月末時点で全国のタクシーは23万7141台。平成元年が25万6,792台で、台数としてはそれほどの変化はないが、年間輸送人員は平成元年の30億人超から右下がりの16億2974万人となっている。

そんなタクシー業界では、さまざまなサービスを充実させてきている。たとえば「ケア輸送サービス」として高齢者、障害者等手助けが必要な方々の外出を支援。車椅子対応リフト、スロープ付きワンボックス型車両などの「福祉タクシー」は、平成32年度までに2万8000台の導入を目指している。「介護タクシー」は、ケア輸送士、ヘルパー資格の運転者や同乗するヘルパーが乗降介助や身体介護サービスを提供する。

また、安心して暮らせる社会のために、子供や妊婦向けのサービスも活性化。保育実習等の研修を受けたドライバーがチャイルドシートやジュニアシート等を備えて対応する「育児支援タクシー」のほか、2012年頃から急増しているのが、妊婦が安心して病院に行けるようためのサービスだ。

その草分けとなったのが、2012年からサービスを開始した日本交通の「陣痛タクシー」。東京23区・武蔵野市・三鷹市を中心に配車を行っており、スタート以来20,000件以上の登録、7,700件以上の利用があるという。

利用するためには、事前にかかりつけの病院などを登録しておき、指定の電話番号に連絡。緊急対応マニュアルを常備し、助産師さんのレクチャーを受けた運転手のタクシーにより、メーター料金+迎車料金410円で病院まで送ってくれる。乗車中、万が一破水するなどで車のシートを汚してしまっても、同社ではクリーニング代は請求しないという。

同様のサービスには「マタニティタクシー」(kmタクシー)、「はぴママサポートタクシー」(京王自動車)などがあり、料金後払いや防水シート完備といったサービスをおこなっているところも。

さまざまな利用客を想定し、タクシー業界は進化し続けている。

【関連記事】
静岡にバーベキュータクシー登場 ゴミも持ち帰ってくれ好評
民間介護サービス 「航空運賃割引」「介護タクシー」なども
名古屋拠点のタクシー 空車で徘徊老人の保護・送迎サービス

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP