ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スーパーのうなぎを本格店並みにおいしく食べる4つのテク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ニホンウナギ」がレッドリスト(絶滅危惧種)に指定された。「土用の丑の日にうなぎが食べられなくなるの?」と不安に思っているかたも多いのでは。そもそも、それ以前に不漁により、鰻重を鰻専門店で食べると4000円なんてことも当たり前。だったらスーパーで安い鰻(それでも高いけど…)を買うしかない。でも、お店に比べたらやっぱりおいしくない…。

 しかし、心配ご無用! 安いスーパーの蒲焼きを本格店並みにおいしくするテクニックを習得し、せっかくのうなぎをおいしく食べましょう。教えてくれたのは、養生薬膳アドバイザーの鈴木和代さんです。

■テク1:たれを熱湯で洗い流す
 パック入りの場合、おいしく見せるためにたれがたっぷりかかっているので、まず温める前に熱湯をかけて洗い流すこと。熱湯で身が温まり、臭みもとれる。

■テク2:フライパンで蒸し煮にする
 皮を下にして置き、同量の水で割った酒を身が半分浸る程度入れて火にかける。沸騰したらホイルを落としぶたにして弱火で約5分蒸し煮。パックに残ったたれを加え、中火で煮絡める。ふっくらフワフワで、しっとり食感に。

■テク3:オーブントースターで焼く
 皮を上にしてホイルに置き、酒を塗って両面を1分ずつ焼いたら、たれを塗って身側を1分焼く。魚焼きグリルの場合は、ホイルに包んで3分ほど蒸し焼きにしてから、身にたれを。中はふっくら、香ばしく温まる。

■テク4:油で揚げ焼きにする
 食べやすい大きさに切り、少量の油を強火で熱し、身を下にして入れる。1分ほど揚げ焼きに。裏に返して皮を焼きつけ、余分な油をふき取る。油っぽくならず、外はサクッ、中はふわっとなり、たれをつけずに食べるのがおすすめ。

※女性セブン2014年7月10日号

【関連記事】
秋深し サンマの塩焼きは遠火にし、強火で一気に焼くべし
納豆+アボカド、納豆+トマト&オリーブオイルでおしゃれ丼
ひき肉と焼肉のタレで炊いた米を使った「韓国風のり巻き」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。