ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android “L”の新機能 : 「電池」メニューにはバッテリーの予想残り使用時間や消費量が表示、節電機能「バッテリーセーバー」も追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Androidの新バージョン「Android ”L”」で、システム設定の「電池」の表示内容が変わり、バッテリー消費量を抑制する新機能も追加されました。その一部を紹介します。Android Lの「電池」メニューはKitKatから少し変わりました。グラフの色使いが変わったほか、バッテリー残量が0%になるまで後どのくらい使えるのか、目安になる予想残り使用時間が表示されるようになりました。その機種のバッテリーの持ちが確認するのにも役立つと思います。また、先日の記事でも紹介した通り、充電中にはフル充電になるまでの予想残り時間も表示されます。「電池」画面トップのバッテリー使用率は「画面」、「Androidシステム」、「その他」の3つに統合されました。「その他」では、バッテリー容量や使用量を確認できます。ただ、これはアプリ全体の使用量を表示するものみたいで、アプリ個別には確認できません。「電池」画面右上のメニューには「バッテリーセーバー」が追加されました。これは端末性能を下げて節電する機能です。制限する内容はCPUクロック(Nexus 5の場合はMAX960MHz)や描画フレームレート、ディスプレイ輝度の抑制、タッチバイブレーションやバックグラウンドデータのOFFなどです。様々な制限をかけているので操作性は悪くなりますが、その反面、節約できるバッテリー容量には期待できると思います。バッテリーセーバーは手動でも、自動でもONにできます。自動の場合はバッテリー残量が20/15/10/5%になった時にONにすることができます。


(juggly.cn)記事関連リンク
Android “L”では着信が鳴っている間でもアプリの操作が可能
GoogleはAndroid Wear、Android TV、Android AutoでOEMによるUIのカスタマイズを許可しない方針
イスラエルでGalaxy S 5の発火事故が発生

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP