ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android “L”の新機能 : Wi-FiアクセスポイントのSSIDとパスワードをNFCタグに書き込めて、タッチするだけで接続できる機能が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Androidの新バージョン「Android “L”」に、Wi-FiアクセスポイントのSSIDとパスワードをNFCタグに書き込み、そのNFCタグに端末をタッチするだけでパスワード入力が完了する新機能が追加されました。Wi-Fiを利用するには設定メニューでWi-Fiアクセスポイントを選択し、パスワードを入力して接続しますが、それを自動化できるのがAndroid Lに追加された新機能です。一度パスワードを手入力して接続したWi-FiのSSIDを長タップして「NFCタグに書き込む」をタップ。書き込み可能な空きのNFCタグをかざすと、Wi-Fi接続情報が書き込まれます。Wi-Fi接続情報が書き込まれたNFCタグにAndroid Lを搭載したNFC端末をタッチすると、画面上にWi-Fi接続用のポップアップが表示され、「接続」をタップするだけでそのSSIDに接続できるのです。この機能は自宅で新しいAndroid L端末をセットアップする際に行うWi-Fi接続を簡略化できることのほか、パスワード情報が表示されないので、ゲストにパスワードを知らせることなくWi-Fiを貸し出すことにも役立ちます。


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、dビデオ会員向けにChromecastを抽選で10,000名にプレゼントするキャンペーンを実施
Android “L"の新しい通知システム「Head Up」を再現したAndoridアプリ「Heads Up! – notifications」がGoogle Playストアにリリース
「Moto 360」と「Moto X+1」はMotoMakerで同時に発売されるという噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP