ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

我が子を「うんこまみれのうんこちゃん」と看護師命名に憤慨

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 余裕のない出産の際に便意にも襲われたら…どうしてよいかわからないですよね。そんな混乱状態を経験した結果、看護師にひどい仕打ちを受けたという体験を34才飲食店勤務の女性が語ります。

 * * *
 最初の出産が超安産。そして2度目ということもあり、のんきに構えていたところ、急に破水してビックリ。夫に付き添われて病院に着いたころには生まれそうになっていました。

 そしたら不意に便意まで襲いかかってきて、どっちをどうイキめばいいのか…。

 痛みで意識が遠のく私に、いかにも経験の少なさそうな若い男の先生が「なんで浣腸をしておかなかったんだっ」と叫ぶんです。結局、私は大便といっしょに赤ちゃんを出産したと、あとで夫から聞かされました。

 それだけでもショックなのに、この病院のひどいのはそのあとです。なんと看護師さんたちは私の子を「ほら、この子がうんこまみれのうんこちゃんよ~」と仲間と笑っていたそうなんです。

 そのときは泣いて夫に「訴えよう」と言ったのですが、「恥の上塗りはやめてくれ」と止められてしまいました。

※女性セブン2014年7月10日号

【関連記事】
居酒屋で隣にイケメンが座るとあえて看護師アピールする女性
イケメン患者をベッタリ看て若い看護師追い払うR40看護師
入院した彼氏を奪った看護師を「性悪ナース」と29才女性激怒

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。