ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「失恋引きずり期」半年以上が5割

DATE:
  • ガジェット通信を≫

失恋のショックから立ち直れず、ズルズルと彼女への思いを引きずってしまった…なんて話はよく聞く。では、実際どのくらいの人に“引きずり経験”があるのだろうか。アンケート調査を実施した。(協力/アイ・リサーチ)

【画像や図表を見る】

まず、25~34歳の失恋経験がある男性136人に、「失恋後、前の恋人を引きずったことがある?」と尋ねたところ、「はい」と回答した人が約6割(59.6%)に上った。次いで、その期間について聞いてみると、結果は以下のように…。

■過去の恋愛を引きずった期間は?
1カ月程度(22.2%)
3カ月程度(28.4%)
半年程度(24.7%)
1年程度(8.6%)
2年程度(7.4%)
3年程度(4.9%)
3年以上(3.7%)

「半年(程度)以上」引きずったことのある人が約50%もいることが判明。「1年(程度)以上)と答えた人だけで約25%もおり、皆さん、かなり失恋の痛手を被った経験があるようだ。そんな彼らに、引きずり期だったころの自分を振り返ってもらうと…。

●現実逃避系
「彼女はもういないのに、まるでそこにいるかのように話しかけていた」(28歳)、「常に頭から元カノが離れず、趣味にも仕事にも集中できなくなった」(34歳)

●思い出振り返り系
「いつも会っていた公園を何度か訪れ、毎回虚しい思いをしながら家に帰った」(32歳)、「手紙を読みかえしたり、写真を見たり、思い出の音楽を聞いたり…」(34歳)

●自暴自棄系
「風俗やキャバクラに通いつめた」(30歳)、「街を歩いている人にとことん声をかけて、玉砕しまくり」(26歳)、
「ヤケ酒。特に効果はなかった」(29歳)

ほかにも「彼女の名前をネットで検索した」、「別れたのに連絡してしまった」など女々しいエピソードがちらほら。やはり男は引きずりやすい生き物なのかも? その理由について、心理カウンセラーの原裕輝さんはこう語る。

「男性は女性に比べ『感情を感じること』と『感情を表現すること』が苦手です。悲しい、苦しいといった感情は、自分自身で気づき、表に出すことで消化されます。しかし、男性は感情よりも理屈が先に立ってしまう生き物なので、表に出して発散しづらい。さらに、『男は泣くな』と育てられたせいか、女性のように悩みを友人に話したり、泣いて発散したりすることをしたがりません。そのため、気持ちの消化に時間がかかり、引きずってしまうのです」

原さんいわく、引きずり期を長引かせないためには、携帯電話に登録している連絡先やSNSのつながりを消す、思い出の品を捨てるなど、目に見えるつながりを断つことが効果的だそう。もっとも、それができないからこそ、引きずっているんですけどね…。
(池田香織/verb)
(R25編集部)

「失恋引きずり期」半年以上が5割はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
「ブタ財布」ダイエットの秘策は?
auスマートパス豪華キャンペーン
合コンしたい憧れの職業TOP10
面白い男がモテる、心理学的な理由
知らなきゃ損!マネーの裏ワザ5選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。