ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブラジル人が多く住む町 W杯イヤーは宝くじ1億超に期待

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ワールドカップの熱戦が続くブラジル。その熱狂ぶりに負けないほど盛り上がっているのが、人口の約20%をブラジル人が占める群馬県太田市だ。同市に暮らすブラジル人たちは、4年に1度のサッカーの祭典が母国で行われていることもあり、連日、大盛り上がり。 風水カウンセラーの宮原利恵さんはこう話す。

「陽気な人々のそばにはプラスのエネルギーが集まります。W杯イヤーで、いつも以上にハイになっている彼らの周りには、運気があふれていますよ」

 そこで、同市周辺で幸運の売り場を探すと、なんとW杯とふか~く結びついた、激ツキ売り場があった。

『ジョイフルチャンスセンター新田店』の販売員・星野真代さんはこう言う。

「ドイツW杯が行われた2006年の年末ジャンボで2等1億円、2010年の南アフリカW杯の年にも、年末ジャンボで2等1億円が当せんしたんです。W杯のご利益を感じますよね」

 他にも、ブラジルW杯の開催が決定した2007年に、ドリームジャンボで2等1億円が当せんするなど、とにかくW杯と縁がある売り場なのだ。前出の星野さんはこう語る。

「今年はまだ億当せんが出ていませんから、うちの売り場は狙い目ですよ」

 太田市の隣にある大泉町でも、W杯にちなんだ高額当せん売り場を発見! 人口の約15%をブラジル人が占める同町には、『大泉フォリオチャンスセンター』がある。同売り場初の億当せんも、やはりドイツW杯が行われた2006年。ロト6で、1等4億円が出た。店長の湯舟正樹さんはこう語る。

「4億円を手にしたのは、ブラジル人だったそうです。友人と2億円ずつ分けて、故郷に仕送りしたらしいですよ」

 W杯で活気付くブラジル人の町の宝くじ売り場に大注目だ。

※女性セブン2014年7月10日号

【関連記事】
宝くじの億当せん・総額21億円当たった静岡の売場に県外客も
宇部市宝くじ売場 1等続出で09年からの高額当選総額13億円
スカイツリーのおひざもとの宝くじ売り場 1億円当せん出る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP