ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

横浜DeNA 多村や金城らベテラン勢を軽視する采配に苦言も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 交流戦では2007年以来となる勝ち越しとなったが、それでもセ・リーグ最下位争いを演じている横浜DeNAベイスターズ。今年は例年に比べると、開幕前の下馬評も悪くなかったが、やはり低迷していると言っていいだろう。スポーツライターがこう語る。

「今に始まったことではありませんが、ベテランを軽視してきた結果でしょう。オフには正捕手の鶴岡一成がFA(フリーエージェント)の人的補償で阪神へ移籍。中畑清監督は『今年は黒羽根(利規)を正捕手で使うつもりだった』と話していますが、いずれにしてもベテラン捕手の流出はあまりに痛かった。

 実際、開幕早々に黒羽根がケガで離脱。2番手捕手が育っておらず、チームの低迷に拍車をかけました。阪神に移った鶴岡も、今はケガで出場できていませんが、一時は正捕手としてチームを牽引し、DeNA相手に良いリードを見せていたので、二重のダメージがありましたね。

 昨シーズン途中には、渡辺直人が西武へトレードされている。梶谷隆幸や山崎憲晴、石川雄洋で二遊間を賄えると判断したのでしょうが、安定した守備を誇る渡辺を移籍させる必要があったのか。事実、今年のDeNAは併殺の取れる場面でランナーを残すなど、二遊間の守備に不安を見せている。反対に、渡辺は西武でレギュラーを張り、3割を超える打率を残している。渡辺とのトレードで、セットアッパーの長田秀一郎を獲得しましたが、まだ西武時代のような安定感はありません。

 オフには中日を戦力外となった柳田殖生を獲得。高田繁GMは『内野ならどこでも守れる選手だから』と話していましたが、それなら渡辺直人を残しておけば良かったのではないでしょうか。

 結果論のように思われがちですが、優勝争いをするためには、ベテランの力は欠かせない。たとえレギュラーでなくても、バックアップ要因として必要になるときが間違いなくやってくる。DeNAはベテランの力をあまりに軽く見過ぎているのです」

 シーズンに入ってからも、ベテランを軽視し、疑問符の付く若手を使う傾向があるという。

「4月の低迷は、開幕投手に2年目の三嶋一輝を抜擢したことから始まった。オープン戦で散々の結果で、開幕に投げるほどの実力ではなかった。案の上、8失点でKOされた。以降も、結果を残せず、ファーム落ち。

 実績のある多村仁志や金城龍彦も、今シーズンはスタメンの機会が少ない。ケガ人が続出した後も、多村や金城の代わりに、下園辰哉や松本啓二朗が使われることもありますが、結果が出ていません。今年の中畑監督は勝負の年なのだから、もっとベテランの力を信じていいと思います」

 契約年数を延長し、チーム初のクライマックスシリーズ進出に懸けている中畑監督。このままでは、背筋の寒いオフがやってきてしまう。

【関連記事】
昨季DeNA若手先発陣 阪神移籍の鶴岡以外と組むと勝率1割台
抜群の勝負強さ誇った鶴岡一成流出でDeNAの強力打線に暗雲も
阪神金本 集客マシンとしてまだまだ手放せないと球団関係者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP