ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あのルイ・ヴィトンがブラジルW杯の公式トロフィーケースを制作していた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ルイ・ヴィトンは、1854年に世界初の旅行鞄専門店として創業した、多くの旅人に愛されてきた、今では誰でも知っている高級ブランド。

そんなルイ・ヴィトンが、現在ブラジルで開催中のブラジルW杯の優勝トロフィーを納めるケースを制作したというのだ。実はこのケースが登場するのは2回目で、前回は、2010年の南アフリカW杯の決勝で初登場したもの。

ルイ・ヴィトンが作った優勝トロフィーを納めるケースは、7月14日(月)に行われるリオデジャネイロのマラカナン競技場での決勝で、再び全世界にお披露目になる。決勝は、日本時間で、朝の4:00にNHKで放送予定だ。

勝利したチームのキャプテンがトロフィーを手渡される際に、ルイ・ヴィトンの専用トロフィーケースも楽しんでみてはいかがだろうか。

ちなみに、ルイ・ヴィトンといえば、水に浮くトランクが評判になり有名になったが、いまの素材では浮かないので注意が必要だ。
気をつけろ!

Post : GoTrip!




Via : Louis Vuitton FIFA World Cup Case

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP