ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上原ひろみ、日本人初の10年連続ニューヨーク・ブルーノート公演がスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ピアニスト上原ひろみの、日本人アーティストとしては前人未到、10年連続となるニューヨーク・ブルーノートでの公演が現地時間の6月25日夜に幕を開けた。ジャズの殿堂としても知られる名門ブルーノートに、上原ひろみは2005年に初登場。以来毎年5日間の連続公演を行い、ついに今年で10年目となる節目を迎えた。

この日は日本で5月21日、そして全米では今月発売となったニューアルバム「ALIVE」を携えての公演。アルバムはアメリカのビルボード・ジャズチャートで初登場3位という好調なセールスを記録していることもあり、この日の会場は超満員の大盛況。アルバム同様に、アンソニー・ジャクソン(コンントラベースギター)、サイモン・フィリップス(ドラム)という世界最高峰のプレイヤーとともに熱いライブを繰り広げた。

10年連続となるニューヨーク公演の初日を終えた上原は、「気がつけば10年経ってました。今はただ目の前のライブに集中するだけです」と、早くも明日からの公演に向けての意欲を語っていた。今回のニューヨーク・ブルーノートでの単独公演は6月29日まで続き、その後はヨーロッパツアーへ向かう。日本では9月に「東京JAZZ」など大型フェスティバルへの出演や、11月後半からの「ALIVE」日本ツアーが予定されている。

関連リンク

上原ひろみ オフィシャルサイト:http://www.hiromiuehara.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP