ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android “L”の新機能 : 共有メニューから「Androidビーム」が実行可能に、任意のファイルを転送できる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 2.3以降のNFC端末で利用できる「Androidビーム」がAndroid Lで共有メニューから実行できるようになりました。従来のAndroidビームは、WEBブラウザやアプリページなどを表示したり、ギャラリーアプリでも画像・動画をプレビュー状態にしないとAndroidビームで転送できませんでしたが、Android Lでは、アプリの共有メニューに「Android Beam」が表示されるようになっており、そのメニューを選択すると“ブ~ン”という効果音と共に準備画面が表示され、別のNFC端末にタッチするとURLやファイルの転送が実行されるようになっています。これが嬉しいのはファイルの場合だと、ギャラリーアプリ以外のアプリでもAndroidビームを利用して別のNFC端末にファイルを転送できることです。例えば、「ESファイルエクスプローラー」の場合、転送したいファイルを「共有」に放り込むことで、別のNFC端末にAndroidビームで転送できます。


(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、Xperia Z2 Tablet SOT21を7月5日に発売
Android “L”をモチーフにしたXperia用テーマパックが公開
LGのProject Tangoを利用した商用タブレットが2015年に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。