ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

こびりついたカレー鍋をピカピカにする3つの方法

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
こびりついたカレー鍋をピカピカにする3つの方法

なにかと面倒なカレー鍋の後処理。みなさんはどうしているだろうか? 今回は手近にあるキッチンアイテムでカレー鍋をピカピカにする方法をご紹介しよう。

重曹でピカピカ

まずはキッチンアイテムの定番、重曹を使う方法。鍋に水を張り、そこに重曹を入れて沸騰させて……という方法もあるのだが、この方法だと、すすいだときに油の混じった水が排水溝を汚してしまうことになる。シンクにも油汚れがついて、二次被害も避けられないため、筆者としては水を最小限に使う方法をオススメしたい。方法は以下の通りだ。

用意するものは、重曹と牛乳パックのみ。

1)鍋に重曹を投入(水にはつけない)

カレーをガシガシかき集めて捨てる

カレーをガシガシかき集めて捨てる

2)牛乳パックをヘラのようにして、鍋についたカレーをかきあつめる(重曹はアルカリ性のため、油汚れを分解する)

3)かき集めたカレーを牛乳パックと共に捨てる。鍋全体を水でさっと洗い流したら、終わりだ

たわしでピカピカ

続いては、重曹も洗剤も使わず、日本伝統のお掃除アイテム、たわしを使って、カレー鍋をきれいにする方法。合成洗剤が肌に合わないという人はこちらもお試しあれ。

1)ティッシュや新聞紙で、できるだけ汚れをふき取る。地味だが意外と大切なポイントだ

2)鍋を一晩水につける
3)たわしでサッと鍋をこすって、汚れをザルなどに移す
4)新しく水を入れて、たわしで鍋をこすり、最後にもう一度流水ですすぐ(お湯も効果的)
5)臭いが気になる場合は、さらに塩を使って、磨くのも効果的

洗わずにピカピカ

最後はちょっと発想を変えて、鍋を洗わずにそのまま次のメニューをつくるという方法。特に簡単なのはインスタントラーメン。既存の味にカレーの風味が加わって、これはこれでおいしくなることもあるのだ。さらにラーメンでなくても、具材を加えてスープカレーにするという手もある。いずれにしろ、鍋洗いはかなり楽になるのでオススメしたい方法だ。

正攻法にスポンジと洗剤で立ち向かうのは、負け戦を挑むようなもの。カレー鍋の洗い方に創意工夫を求める方は、上記の方法もぜひ試してみて欲しい。

(根岸達朗+ノオト)

●CHINTAI記事関連リンク
細菌は便座の20万倍!? 食器用スポンジの交換頻度は?
「重曹うがい」って本当に虫歯予防に効果があるの?
乾燥機に氷を入れるとシワが消える? 実際に検証してみた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。