ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

YouTuberミカエラに注目!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“YouTuber”として知られるミカエラ・ブレスウェートさん(26歳)が、6月22日に放送されたバラエティクイズ番組『日本語探Qバラエティ クイズ!それマジ!?ニッポン~日本ってスゴいんだぞSP』(フジテレビ系)に出演し、人気が上昇している。

【画像や図表を見る】

『日本語探Qバラエティ クイズ!それマジ!?ニッポン』は、クイズ形式をとりながら、日本や日本語の優れた点を紹介する番組。ミカエラさんは、当番組にパネラーとして登場し、林修さんが日本語のスゴいところを解説するコーナーでは、外国人が意外だと思った日本語についてコメントをしていた。

ミカエラさんは、カナダ出身で福岡市在住。YouTubeではチャンネル登録者数20万人以上(6月24日時点、以下同)、246本の動画を公開しており、合計2700万回再生されるという人気の“YouTuber”だ。日本での生活や旅行、食べ物といった情報に加え、日本語の難しさなどを紹介している。たとえば、

・[字幕付き] Drinking in Japan 日本の缶酎ハイと缶カクテル文化
・Japanese Food Stalls 一人で屋台挑戦してみた!
・福袋・不幸袋買いました Japanese “Lucky”/“Unlucky” Bags!
・Eating RAW Chicken in Japan?! 生の鶏肉食べるの~?!
・[字幕付き] 義理チョコに負けないぞ。I hate Giri-Choco
・プリクラはどこまで嘘なのか Japanese Purikura Technology

など、様々な日本の文化を外国人ならではの切り口で発信。海外からの人気に加え、わかりやすい字幕で日本人にもじわじわと人気が広がっている。

直近では、5月10日 に「The Japanese Culture of “Listening” あいづちと外国人あるある的な?」という動画を公開し、再生回数は 19万6540 回。日本人は、相手が話をしている間にもあいづちをたくさん打つが、外国人は相手の話が終わる(あるいは一段落つく)のを待ってからあいづちを打つという違いを紹介している。日本人のYouTube試聴者からは、

「日本人として、日本の外から来た人のこういう意見は面白いです。
日本の女の子の相槌はたしかにうるさい(笑) 」
「これは面白い!盲点でした
『ちゃんと聞いてるよ』の合図だからね。
逆に全く反応がないと、相手から『話、聞いてる?』なんて言われることも・・・w
海外に行ったら気をつけなくちゃ」

というコメント。外国人からは、

「Yes yes yes yessssssssssssss!」(そう、そう、そう、そうなのおおおおおおおお!)
「Funny…I do this and I’m American and have not been to Japan,lol.」(面白い…私はアメリカ人で日本に行ったことないけど、こうやって相づちを打つわね、笑)
「I actually LIKE aizuchi … and I think it’s a very useful and important communication tool」(実際のところ、僕は相づち、好きだけどな…とても便利で重要なコミュニケーションツールだと思う)

など、様々な意見が寄せられている。インターネットという国境のない世界で、日本文化についてユニークな視点を発信し続けるミカエラさん。今後ますますの活躍が期待される。
(R25編集部)

YouTuberミカエラに注目!はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
ネットからTV進出した「けみお」
専業ユーチューバー、ヒカキンとは
外国人が喜ぶ!意外な観光スポット
需要増の資格「通訳案内士」とは?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP