ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

JリーグチームのSNS講習会で「稲本のツイッター事件」が「教材」に 選手爆笑

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブログやツイッターなど、SNSをきっかけとした炎上騒ぎが後を絶たぬなか、Jリーグの川崎フロンターレがSNS講習会を実施。その講習会の中で所属選手の”炎上騒ぎ事件”が登場してしまい、チームメイトの間で大爆笑になった。

スポーツ選手を巡るSNSの炎上騒ぎとしては、千葉ロッテの選手によるツイッターでの不適切発言や(管理人に委託していた、と釈明)、スポーツショップ社員によるハーフナー罵倒事件などがあるが、中でも最も激しく炎上したのが、元日本代表の稲本潤一とモデルの田中美保の件だ。これは、都内の高級ホテル内の飲食店でバイトしている女子大学生が、2人の来店をツイッターでつぶやいたというもの。2人はその後結婚したが、当時は未婚で、交際していることも明かされていなかった。

24日、川崎フロンターレのツイッター公式アカウントは、「今日は選手対象のSNS講習会を実施」したことをアナウンスした。そして、その講習会では、

「こういう時、必ず出てくるイナのtwitter事件に、選手たちは大爆笑。デカモリシは一人残って質問をするほどの熱心さ。大事です。気をつけてくださいね、くれぐれも」

という”事件”が起こったのだとか。「イナのtwitter事件」とは、もちろん上述の件であり、現在川崎に所属する稲本の過去の事件は、今や選手たちの教材となってしまったようだ。

公式アカウントのツイートは、サッカーファンの間でも話題となっており、

「結果として笑い話になったのは、稲本の手腕」
「稲本は被害者じゃんw」
「研修で使うにはちょうど良い素材なんだよねぇ」

といった声があがっている。稲本は現在チーム最年長選手だが、このような形で講習会に登場した稲本に対し、後輩選手たちから大爆笑が起こるあたり、いろいろな意味で大人のプレイヤーへと成長したようだ。

【参照リンク】
・川崎フロンターレの公式ツイッターアカウント
https://twitter.com/frontale_staff/status/481376723997437952 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP