ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

きのこ、キムチ、納豆… 夏バテ・夏太りに「菌活鍋」レシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 健康や美容、ダイエットに、さまざまな菌を生活に取り入れる「菌活」が人気でトレンドワードになっているが、今年の夏はその応用編「菌活鍋」に注目したい。“夏もキレイに疲れ知らずでいられる”と、漢方や栄養の専門家もすすめるのが、この菌たっぷりの鍋料理だ。

「暑くなって体温が上がると、人間は汗を出して体温調節をしますが、汗をかき過ぎると“気”が奪われて『気虚』になりやすいと漢方では考えます。気虚になると、活動のエネルギーが不足して、意欲が湧かず、座り方も斜めにだらんとなります。一方で、現代、冷房環境が整っているからこそかかりやすいのは、“水はけ”が悪くなって起こる『水毒』症状です。むくんでくつ下の跡が残りやすい、舌の両脇に歯型が残りやすい人は注意しましょう」

 そう話すのは、日本大学医学部漢方医の上田ゆき子さん。猛暑だった昨年は、10月に気温が下がってから、受診者の数が急増したという。ほとんどの人が、夏疲れの体を抱え、温度が変化したときに症状が強く出た。うち、約7割の人に胃を暖めるように指導したところ、症状が改善した。

「水毒で胃のあたりに水がたまると消化液がうすまり、消化が進まず、食欲が落ちると冷たいものばかり食べるという悪循環に。胃がちゃぽちゃぽとしている人は、夏こそ、鍋料理のような温かい食事を食べて体全体を温め、水の巡りを改善して、水はけを良くしましょう。夏の食材の多くは、体を冷やすものですが、熱することで冷やし過ぎることはなくなります。また、きのこは、気の不足を補う働きがある食材です。体の熱に対して熱でも寒でもない平の性質があり、加熱すれば“熱”の性質が出ます。たっぷり入れると、なおいいでしょう」

 ちなみに、「菌活鍋」に適した「菌活食材」は、体に気力を与え、『気虚』を緩和してくれるきのこ類、胃腸の調子を整える作用が期待できて『水毒』対策にもなる麹、辛味が発汗を促し『水毒』を抑えるキムチ、体を温める作用がある納豆、同じく大豆を発酵させたもので『熱』の食材であるみそなど。

 また、管理栄養士で、アンチエイジングレストランRireのオーナーシェフでもある堀知佐子さんはこう話す。

「夏バテしない体づくりの第一歩は、腸内環境を整えて、免疫力を高めることから。ヨーグルトの菌が腸内環境を改善することは知られていますが、発酵食品の菌もいい働きをします。また、“菌”と書いて、“きのこ”と読むきのこ類ももちろん『菌』。とくに免疫力を高めることがわかっているβグルカンという機能性成分を多く含み、善玉菌のえさとなります。食物繊維も豊富ですから、腸の調子が整えられ、いいうんちが出やすくなります」

 きのこは夏バテにも、夏太りにも頼りになる食材。身近で、毎日でも食べやすい上に、“うまみ”があるので上手に使いたい。きのこのたっぷり入った「菌活鍋」で体調を整え、うまく夏を乗り切りたいものだ。

 家庭でも作れる「菌活鍋」のレシピを堀さんに教えてもらった。

【あっさり酸辣湯(サンラータン)鍋】

■材料(4~5 人分)
白いシメジ:100g、ブナシメジ:50g、マイタケ:50g、キクラゲ(戻したもの):40g、大根:150g、豆腐:200g、ニンニク:2g、ショウガ:20g、長ネギ:40g、水:500cc、昆布:5g、酒:50cc、醤油:50cc、酢:50cc、砂糖:小さじ1、ニラ:30g、ラー油:少々
■作り方
(1)きのこ類は石づきを外し、食べやすい大きさにほぐす。(2)大根は短冊、豆腐はサイの目に切る。(3)ニンニク、ショウガ、長ネギはみじん切りにする。(4)鍋に水・昆布・酒・醤油・酢・砂糖を入れる。(5)4 が沸いたら、1、2 とザク切りしたニラを入れてラー油をまわしかけ、具材に火が通れば3 をトッピングして出来上がり。

【きのこと夏野菜の冷製ガスパチョ風】

■材料(4~5 人分)
マイタケ:100g、エリンギ:50g、ヒラタケ:50g、なす:1 本、赤ピーマン:1 個、ピーマン:1 個、キャベツ:200g、ニンニク:2g、タマネギ:30g、鷹の爪:小2 本、オリーブオイル:大さじ1、トマトジュース:500cc、味噌:50g、だし汁:300cc
■作り方
(1)きのこ類は石づきを外し、食べやすい大きさにほぐす。(2)なす、ピーマン、赤ピーマンは一口大に切り出す。(3)1 と2 を180℃の油で揚げる。(4)キャベツは2cm幅に切り、レンジにかけ(600W・3 分)、冷ましておく。(5)ニンニク、タマネギはみじん切りにする。
(6)鍋にオリーブオイル、種をとった鷹の爪、5 を入れ、弱火にかけ、タマネギに火が通ったら、だし汁、トマトジュース、味噌をときいれる。(7)ガラス鍋に1、2、4 を入れ6 を注ぎ、出来上がり。

【関連記事】
納豆+アボカド、納豆+トマト&オリーブオイルでおしゃれ丼
筑前煮に肉豆腐… 酒の肴にもいい作り置き小鉢料理レシピ
高騰続く野菜 節約には使い切りカット野菜がいいとの指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。